西麻布フォルノの「タクボのわがままランチプレート」を食べた話

西麻布にはいいお店が沢山ある。
あの恵比寿の名店「TACBO」が監修したFORNO は鳥取和牛と釜焼きのお店。何度か伺っているけど、とっても美味しくて素晴らしいお店なのだ。

そのフォルノがランチを始めたという情報をGETしたので早速伺ってきたよ。

タクボのわがままランチプレート

メニュー名に田窪シェフの名前が使われていることからも分かる通り、田窪さんが監修したと思われるランチプレートは1,800円で食べることができる。

結論から言うととっても美味しくて、クオリティを考えるとお値段もかなりお得。
大満足のランチだったんだよね。

鳥取県産黒毛和牛のハンバーグと田中牧場の目玉焼き

元々フォルノは鳥取県産の黒毛和牛を使っているので、それらのお肉を使っていると思われる鳥取県産の黒毛和牛がメインのハンバーグのプレートには、ナポリタンとサラダもついてきて、大人のお子さまランチみたいな嬉しい組み合わせ。

ハンバーグのソースは、黒ニンニクのソースと和風が選べるので和風をセレクト。
ただ、ハンバーグ自体の味わいが結構しっかりしているため、ソースはなくても美味しく食べれちゃうほど。
ソースたっぷりつける派の僕でもソースが少し余るほどだ。

田中牧場の卵

目玉焼きの卵は田中牧場の卵。埼玉県の深谷にある田中牧場といえば、ミシュラン常連店でも多く使われている美味しい卵。純国産の赤色の鶏「もみじ」が生む紅玉。
卵の黄身を割るとこんな感じで、もうみるからに濃厚な見た目の卵。コクがあってとっても美味。

ソースはかけずに、たっぷりの卵の黄身と白身、そしてハンバーグの組み合わせは抜群!
これは美味。
ハンバーグは表面は焦げ目がしっかりしていてよく焼かれているんだけど、中はしっとりとした水分量がしっかり感じられる焼き具合だ。

カレーには出来立てのメンチカツ

そして最初にカレーが運ばれてきたんだけど、後から「揚げたてです。」とカレーライスの上にちょこんと乗せられたのが、メンチカツ。
確かに揚げたてで熱々だ。
味はもちろんご飯にもカレーにも合うし、ボリュームもたっぷりになっていい感じ。

カレーは牛の端肉が使われていて、TACBOで出てきたボロネーゼが少し脳裏に浮かぶ感じがまたよくて、なんと言うかとってもいい感じ。

味噌汁で一気に和食感が出るのもまたいい感じ。

ジェラートとカフェ付き

カフェは色々選べたので、ハーブティーをセレクト。
そしてジェラートはもちろん手作りでとっても美味。

1,800円でとっても美味しいランチをいただいて大満足だ。
ハーブティを飲みながらついついゆっくりしたくなっちゃうやつだね。

FORNO(フォルノ)

シェフはタクボでみっちり1年修行をして薪焼きを学んだこともあって、薪焼きの火入れは流石の一言。
ランチの1800円のプレートは驚くほど安くて美味しくて本格的。そして量もたっぷりなので男性でも腹パンにしっかりなるパワーランチだ。
もちろん夜に行っても美味しいからね。

FORNO
050-3628-1446
東京都港区西麻布4-11-25 モダンフォルム西麻布パートⅢ 3F
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13220897/

関連記事

  1. 鮨きのしたのテイクアウトはお店の味わいで楽しめた話

  2. 格之進で牡蠣と肉の組み合わせ「牡蠣肉」を食べた話

  3. 鮨さいとうのテイクアウトでばらちらしと太巻きを食べた話

  4. 肉匠堀越の肉ばらちらし(黒タン入り)をテイクアウトした話

  5. カーペットバックステーキが今後流行ると思うよっていう話

  6. 暑い夏の日は蕎麦がいいよねっていう話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


たわら屋のローストビーフ