青山ブション・アミュゼの本格欧風ビーフカレーとワインのペアリングを楽しんだ話

友人から話を聞いたことがあって行ってみたいなーとそこは蚊となく感じていたのが青山ブション・アミュゼなんだけど、コロナの影響もあってテイクアウト等を始めているみたいだね。
今回はちょっとご縁があって、アミュゼ特製の本格欧風ビーフカレーと、ワインディレクター厳選本格欧風カレーおすすめペアリングワインをいただいたので食べてみたよ。

青山ブション・アミュゼはフレンチとワインのお店

「ブション」とはフランスのリヨンでは「大衆的な食堂(居酒屋)」という意味。
つまり、本格的なフレンチをカジュアルに楽しめるお店みたいだね。実際にワインのペアリングコースも1万円とこの手のお店としてはかなりリーズナブルなお値段だよ。
また、ワインはソムリエコンクールで受賞歴多数でワインディレクターとしても活躍している田辺公一氏がプロデュース。
田辺氏といえば、先日伺った L’AS も田辺氏がプロデュースだったはず。

安くて美味しいワインと料理のマリアージュってバチッと決まるととても幸せな気持ちになれるよね。うん。

アミュゼ特製 本格欧風ビーフカレー

先ずはカレーを湯煎して温める。いきなり熱湯に入れないで、水の状態からカレーを入れてゆっくり火を入れて湯煎を。
ワインは冷やしすぎないようにして食卓にセット。

このカレーはパンと一緒に食べると美味しいと聞いたので、トーストを用意。
ついでにカレーにはハンバーグ。ということで、格之進のハンバーグも用意。

ワインはジャン・クロード・マス ヴィオニエ レゼルヴ 2018

ワインはフランスのヴィオニエのワインだ。2200円。

そのまま飲むと確かに美味しいのだけど、値段相応というかそんなに大きな感動は無いごく普通のワインだ。
ただ、まろやかな酸味と焼いたトーストのような上品な苦味が感じられる味わい。

カレーとワインの相性は驚くほど抜群

欧風カレーはそのままでもとても美味。
ピーナッツの香りと旨味がいいアクセントになっていて、スパイシーな感じはしない酸味が感じられるザ欧風カレーといった感じ。

カレーをトーストにつけて食べて、これをワインと合わせると・・・なぜかめちゃくちゃワインが美味しく感じる!
すごい。これがマリアージュなのか・・・。
一緒に合わせることで、なんというか少し焦げたトーストのような旨味と苦味がワインからもカレー&トーストからも同時に感じられて実に美味。
自宅で美味しいカレーが食べられて、プロのソムリエのマリアージュを気軽に楽しむことができるのはとても嬉しいことだね。

青山ブション・アミュぜ

近所の人はテイクアウトも楽しめるし、カレーとワインのマリアージュは全国発送可能。
注文は公式サイトから可能なので、興味のある方は是非チェックしてみてね。

青山ブション・アミュゼ

Aoyama Bouchon Amuser
050-5592-8013
東京都港区南青山5-9-8 五番館ビル2階
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13200945/

関連記事

  1. 西麻布けんしろうの【結-musubi-】コースを食べた話

  2. 鮨さいとうのテイクアウトでばらちらしと太巻きを食べた話

  3. 鮨よしたけの「ばらちらし」をテイクアウトした話

  4. 京都「緒方」のお取り寄せで鯛味噌ご飯と彩菜を食べた話

  5. 焼肉の名門 天壇で食べたランチの話

  6. 印度料理シタールでスペシャルターリーを食べた話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


About Author

  1. 本当にオススメのお寿司屋さんを厳選してご紹介

    2020.03.06

  2. 本当にオススメの2019ベストレストラン22店舗をご紹介

    2020.02.23

  3. マツコ&有吉かりそめ天国の焼肉ガチランキングでランキングの…

    2019.03.07