西麻布の鮨きたむらで食べたお寿司の話

西麻布の隠れ家鮨屋。
なんて聞いたらちょっと行ってみたくなるよね。
西麻布にある鮨きたむらは西麻布のマンションの一室にあるいかにも「隠れ家」的なお店。

西麻布の鮨きたむら

西麻布の少し喧騒を離れた高級飲食店が集まる地帯のマンションの一室を開けると、そこはいかにも「隠れ家」と形容するにふさわしい鮨屋があって、お店の雰囲気も適度に暗くていい感じ。

店内の装飾も独創的な物が多くていい感じ。

お任せコース 15,000円

鮨きたむらのお寿司は先ずはちょっとしたおつまみが出てくるスタイル。
鮑に生うに。枝豆に茶碗蒸しだ。

鮑にウニは勝手に合わせてみたけど、この組み合わせはやっぱり美味しい。

鮨は小さめな握りがいい感じ。
シャリは赤酢で派手さはないけど、堅実な江戸前鮨でどれも美味。

マグロ。美味しかったなぁ。

また少しつまみが出てくるんだけど、これがまたいい感じ

中でもカンジャンケジャン風の醤油と紹興酒につけたと思われる蟹がとっても美味だ。

焼き魚の太刀魚はパサつきもなくてしっとりとした美味しい食感。

ちゃんと碗物が出てきたところでもう一度お寿司が。

後半のお寿司

一気にここでテンションが上がるネタが続く。
車海老はジュワッとえびの旨みが広がるし、時シラズは旨味がしっかり。
江戸前鮨では基本的にはサーモンは出てこないんだけど、トキシラズや鮭児(ケイジ)は別。
季節ものだし、タイミングが合わないと食べることができないけど、たまに鮨屋で出てくると嬉しくなるね。

マグロは特に中トロが美味。多くの隠し包丁で舌触りもいい感じ。

そして、マグロと雲丹の組み合わせ。これは間違いなく美味しい組み合わせだね。

最後は巻物が出て終了。
お腹は適度な具合に満腹に。

鮨きたむら

一見さんではまずは入れないようなマンションの4Fにある隠れ家のような鮨屋で、お忍びやデートで使いやすそうな雰囲気の良いお店が鮨きたむらだ。
握りは小ぶりで酢は薄めで食べやすい。
また、六本木西麻布界隈では比較的リーズナブルな15,000円という価格設定も嬉しい限り。
お忍びデートに最適といった感じのお店だ。

きたむら
050-5596-8953
東京都港区西麻布1-4-41 麻布ファースト 4F
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13022054/

関連記事

  1. 第24回肉肉学会でホルスタイン、ブラウンスイス、エアシャーの食べ比べ

  2. 西麻布の赤のれんで博多ラーメンを食べた話

  3. 自宅で祇園さゝ木監修の炙り〆鯖 小袖寿司を食べた話

  4. レフェルヴェソンス(L’Effervescence)でルネサンス「再興」のコース料理を食べた話

  5. 田中田西麻布店のテイクアウト「おうちセット」を楽しんだ話

  6. 初音鮨で劇場型の寿司を満喫した話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


たわら屋のローストビーフ