肉匠堀越の肉ばらちらし(黒タン入り)をテイクアウトした話

美味しかったものってやっぱりもう一度食べたくなる。
以前食べた肉匠堀越の肉ばらちらしはとっても美味しかった。

肉匠堀越の肉ばらちらしは2種類

堀越の肉ばらちらしは6480円(税込)と、黒タン入りが8640円(税込)の2種類。
前回いただいたのは、肉ばらちらしの6480円。黒タン入りと迷ったんだけど、美味しかったら黒タン入りをまた頼もうと考えてあえてのノーマルタイプをオーダーしたのだ。

肉ばらちらし(黒タン入り)

さて、黒タンとはご存知黒毛和牛の牛タンのこと。
一頭の牛から取れる牛タンは僅か3キロほど。そこからトリミングして、厚切りでも使える柔らかくて美味しいタン元やタン中の量はわずかなほど。

食べてわかるとっても美味しいやつ。
柔らかくて、旨味が強くて、力強いおにくの美味しさ。
いくらや卵といったその他の具材との相性も思ったよりもはるかにバッチリ。

結構な量があったんだけど、美味しすぎてガッツリ全部食べちゃうやつ。
お肉のバラチラシとしては、最高峰なレベルで美味しいので、おにく好きな方は是非食べてみるのがオススメだよ。

肉匠堀越

肉匠堀越のオーナーの末富氏の経歴も面白いんだよね。
芸能人も頻繁に通っていた麻布十番にある「富ちゃん」というお店の二代目なのですが、この富ちゃんは何と魚屋さん。
そんな末富氏のお店「肉匠堀越」の店頭にある暖簾に掲げられた「うんまい肉、食べさせます。」というキャッチコピーがこれまたいい感じ。
二度もテイクアウトを食べているんだけど、実際に食べに行ったことがないから次回こそお店に食べに行きたいお店。

肉匠堀越
03-5464-2929
東京都港区南青山7-11-4 HT南青山ビル2F
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13183716/

関連記事

  1. 更科堀井で食べた「松茸蕎麦」の話

  2. やっぱり寿司屋は常連にならないと楽しめないなって感じた話

  3. ウルフギャングで食べたTボーンステーキの話

  4. 西麻布の赤のれんで博多ラーメンを食べた話

  5. 鮨しゅんじで食べたお寿司の話

  6. 南青山/表参道のラス (L’AS)でコースのフレンチを食べた話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


たわら屋のローストビーフ