リストランテ ミソラで味わったペアリングコースの話

こんな素敵なお店が閉店してしまうなんてもったいない。
ワインとのペアリングが良かったと聞いていたのだけど、2020年の7月中に閉店となると言う話を伺ってすぐに予約をお願い。最後に行けて良かったな。行きたい方は7月中にGOだ。

表参道の一軒家レストラン ミソラ

そのお店、リストランテ ミソラは表参道にある。1Fはカジュアルな感じで2Fはガッツリレストラン。
246を少し小道に入ったところにある一軒家。その2Fにあるリストランテ ミソラでお任せのコースとペアリングでワインをいただいた。

メニューを見ただけでわかる食材のこだわり。いい感じ。

神奈川県長井産 丸鯵 淡路 玉葱

鯵と玉葱のカルパッチョから。

力強い玉葱の味わいが特徴的で面白い。
ちなみにペアリングはイタリアンレストランらしく、イタリアワインがメイン。
乾杯の泡は Franciacorta Pas Dose Riserva MOSNEL で。

青森産 帆立 生雲丹 函館 蓴菜
トマトコンソメジュレ

帆立と生雲丹というただでさえ抜群の組み合わせの食材に蓴菜のプチッとした食感。
そして、トマトコンソメのジュレでたっぷりのアミノ酸が追加されてとっても美味。

前菜の一皿だけど、もしかしたら今日一で好きだったかも(笑)
パッションんフルーツの爽やかな酸味も面白かった。
ワインはレ チリアーテ カンピ フレグレイ ファランギーナ カンティーネ ファッロ。長い名前。カンパーニャ地方のワインでキリッとした辛口でこの料理にぴったり。

徳島産 すだち鮎のバリエーション
カダイフ パテ トルテッリ ブルーテ 泡
クレソンのソース

旬の鮎をいろいろな調理方法で。
カダイフ(薄い麺)で包まれた揚げた鮎に、鮎のレバーパテといった様々な鯵の食べ比べ。

旬の食材を、いろいろな味わいで味わえる嬉しい一皿。
ワインはここで赤になって ブリッコ デル ボスコ グリニョリーノ デル モンフェラート カザレーゼ アッコルネーロ
樹齢30年の古木で造る単一畑グリニョリーノ100%というマニアックなワインで味わいが濃厚かと思いきや、意外にも軽やかな味わいの飲みやすいワイン。

串本の九絵
長谷川さんのサマーポルチーニ

串本の九絵といえば和歌山で一本釣り。
イタリアンらしくサマーポルチーニ茸と合わせた一品。

ワインはまた白ワインに戻ってピエモンテのナスチェッタというマニアックな葡萄を使ったランゲ・ビアンコ マリンというワイン。

長井産あおり烏賊 青森産 蝦夷鮑
イカスミソース カッペリーニ

あおり烏賊と蝦夷鮑。
一番下にあるイカスミソースを混ぜ混ぜしてキャビアと鮑とアオリ烏賊を絡めていただく。

キャビアの塩味がいい感じ。
ワインはロッソ・デル・ニエミツのフリウラーノ・サン・ズアン。これまた飲んだことがないマニアックなワイン。

長井産 赤座海老 枝豆のパルミジャーノリゾット
アメリケーヌの泡

本日のお魚メインは赤座海老。手長海老とも言われていて、そっちの方が馴染みがあるかも。ちなみにイタリア料理だとスカンピと言われる高級食材だ。
神経〆で有名な長谷川さんの赤座海老ということで食べる前から美味しそう。

これは美味。エビの味わいが本当にしっかりしていてとにかく美味。
リゾットにもエビの旨味がたっぷりだ。

ワインは feudi di san gregorio vampanaro の1999年。
オーク樽で発行されたということで、シェリーのような独特の熟成が感じられてとても味わい深いワイン。
それにしてもマニアック。イタリアワインをもっとちゃんと勉強したくなった一本。

薩摩牛 ラムシン
ヴェッキオサンペリのソース

続いてお肉は薩摩牛。刺しが入ったバランスの良い旨味の赤身のお肉だ。

ここでソムリエの方が赤ワインを諸々持ってきてくれて、赤ワインがすごいことに。

桃のジュレとソルベ
カスタード

最後はデザート。爽やかなデザートと、濃厚なデザートワイン。

最後にトリュフがガッツリ乗っかったタルト。

大満足のディナーだった。
何よりワインのペアリングが本当に素晴らしくてとても楽しい時間を過ごすことができたよ。

リストランテ ミソラ

表参道の一軒家を改装したとってもオシャレなお店は、本格的なイタリア料理と美味しいワインのペアリングが楽しめるお店だ。
生産者にも拘った旬の食材と、シェフの美味しい調理でとっても大満足だったんだけど、残念ながら2020年7月で閉店が決まってしまっているので、行って見たい方は7月中にぜひ行ってみることをお勧めするよ。

ristorante misola
050-5594-2959
東京都港区南青山3-10-38
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13211615/

 

関連記事

  1. 石垣吉田のプレミアムステーキ弁当をテイクアウトして究極のクリスピー焼きを堪能した話

  2. 佐倉市臼井のイタリアン「ラ・ポモドーロ」で食べたニョッキの話

  3. SUGALABO(スガラボ)の食材へのこだわりが凄まじい話

  4. MASHI NO MASHI TOKYOで1万円ラーメン WAGYUJIRO を食べた話

  5. 鰻のせいろ蒸しの話

  6. レフェルヴェソンス(L’Effervescence)でルネサンス「再興」のコース料理を食べた話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


About Author

  1. 本当にオススメのお寿司屋さんを厳選してご紹介

    2020.03.06

  2. 本当にオススメの2019ベストレストラン22店舗をご紹介

    2020.02.23

  3. マツコ&有吉かりそめ天国の焼肉ガチランキングでランキングの…

    2019.03.07