赤坂にあるAKASAKA Tan伍で食べたランチ厚切り牛タンの話

牛タンはふっと食べたくなる。
特に、厚切りの牛タンは無性に食べたくなる時があるのだ。
厚切りの牛タンはタン元やタンの真ん中くらいまでが使われることが多い。牛の舌は基本的に根元(タン元)の方が柔らかくて旨味が強いのだ。タンの先は薄切りで提供されることが多いね。
これは、単純に筋肉の動きが少ないところの方が刺しが入りやすくて柔らかくなるお肉の傾向と同じことが言えるね。
牛も舌先はよく動くからね。

AKASAKA Tan伍は厚切りタンのお店

さて、そんな AKASAKA Tan伍 はランチのメニューを見る限り厚切り牛タンが売りのお店。
今回は盛り合わせ定食 厚切り牛タン & ハラミ 1,600円をオーダー。+350円でお肉を1.5倍に。副菜セット500円で牛タンカレーとサラダも追加でオーダー。

厚切り牛タンとハラミ

厚切りの牛タンは流石に売りにしているだけあって中々の美味しさ。

食べた感じタン元というよりは真ん中ら変な感じだけど、適度なかみごたえとしっかり感じられる旨味がいい感じ。
タンはいいよね。うん。あの独特の旨味が口の中にしっかり広がるし、タレもいい感じで恋味なのでご飯にも合う。これは美味しい。
そして、ハラミも柔らかくて味わい深くて満足度高め。
このお値段だったら結構な満足度だ。

副菜やスープが中々にいけてる

そして、サラダ。牛タンのしぐれ煮は濃いあじわいでご飯が進む一品。

牛タンのシチューに牛カレーの牛タンはどちらもよく煮込まれていて、とっても柔らかい美味しい食感を味わえる。
やっぱり牛タンはいい。
牛タンづくしの牛タン好きにはたまらないランチがしっかり楽しめるので、牛タン好きにはとてもおすすめのランチだった。

AKASAKA Tan伍(たんご)

赤坂駅の駅前にある牛タンが専門のお店。
ランチは気軽に牛タンをガッツリ食べることができるんだけど、夜はタン元や牛タンの寿司やしゃぶしゃぶを食べることも可能。

次はディナーでゆっくり牛タン料理をガッツリ堪能しに行こうと考えているよ。

AKASAKA Tan伍
050-5594-3531
東京都港区赤坂2-14-28 鳳月堂ビル 4F
https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13212467/

関連記事

  1. すし匠出身「鮓村瀬」のお寿司がやっぱり美味しかった話

  2. 赤坂のみんなの台所 真 -sin-のランチのバラちらしの話

  3. 手土産に最高。リベルターブルで買った焼き菓子とケーキの話

  4. 二郎系ステーキ!?ステーキ吾郎で食べたカスタム自由なステーキの話

  5. 赤坂「Chez-Ryo (シェ・リョウ)」のフレンチで腹パンになった話

  6. 魯山人の精神が受け継がれている紀尾井町 福田家の話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


たわら屋のローストビーフ