佐倉市にある町中華「中華料理げんぺい」で食べた五目カタヤキの話

定期的に通っている千葉県佐倉市にある聖隷市民病院。
唯一の楽しみは検査後に食べるランチなんだ。やっぱりこういう楽しみがないとやってられないよね。
いつも行くお店が今回はコロナの影響でテイクアウトのみの影響で営業していなかったため、今回は近くにある中華料理やへ。

町中華の鏡のようなお店

町中華という古くて新しいこのジャンルの中華屋は結構どの町にもあったりするよね。
こちらのお店、「中華料理げんぺい」は町中華のお手本のようなお店だ。

ちょっとご年配のご夫婦が経営。
ラーメンは1杯450円という今時ありえないコストパフォーマンス。
ずらっと並んだメニューの数々。
そこはかとなく昼からビールを飲みたくなるような独特の雰囲気。
まさに町中華といった感じでとてもいい感じのお店なのだ。
昼時だったけど他にお客さんも偶然いなかったため、ソーシャルディスタンスも完璧(笑)

五目カタヤキ(650円)

今回はラーメンと悩んだけど五目カタヤキをオーダー。

カタ焼きそばにかかった具がたっぷりの餡。
エビ、豚肉、なると、白菜、人参、イカ、筍・・・具はかなりたっぷりで食べ応えしっかり。
味はいい意味で想像通り。

 

そうそう。こういう味をこのお店には求めていたんだよね。って思えるようなそんな味わい。
うん。悪くない。
近所にあったらついつい通ってしまいそうなお店だ。
いつか瓶ビールを飲みながらまずは餃子でも食べて、少し餃子で胃を満たしたタイミングでラーメンでも食べたいな。

中華料理げんぺい

千葉県佐倉市。京成臼井駅と京成佐倉駅の間くらいにある住宅街にある中華料理やがこちらのお店だ。
安くて想像通りの味わい。そしていかにもな町中華の雰囲気を味わえる。

出前のバイク。中華料理の暖簾。冷やし中華の感じとかとってもいい雰囲気。

げんぺい
043-486-3925
千葉県佐倉市江原台1-15-17
https://tabelog.com/chiba/A1204/A120402/12008266/

関連記事

  1. 宮古にあるラーメン屋「多良福 (たらふく)」で食べた中華そばの話

  2. TOKYO Xのとんかつを食べた話

  3. MASHI NO MASHI TOKYOで1万円ラーメン WAGYUJIRO を食べた話

  4. 赤坂にある「かおたん」のもやしそばの話

  5. 佐倉市臼井のイタリアン「ラ・ポモドーロ」で食べたニョッキの話

  6. 深夜に食べた天下一品のこってりラーメンの話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


たわら屋のローストビーフ