赤坂大関の牛一匹コースで炭火焼肉を食べた話(閉店・仮店舗移転予定)

赤坂の大関の噂は聞いていた。
やっぱり地域の情報が集まるのはBARや小料理屋、スナックといったカウンター商売のマスターやママと言われる人達だ。
「今日はどこどこで食べてきて美味しかった。」とか、そんな話は毎日のように多くのお客さんから聞かされるからね。

そんな中、いつも行くお気にいりの BAR でまきおこったのは「赤坂で美味しい焼肉屋はどこ」論争だ。
ちなみに、韓国料理屋も多い赤坂。焼肉屋は死ぬほど沢山ある。
赤坂駅から800メートル以内の焼肉屋を調べたら某グルメサイトによれば84店舗もあったんだ。(ブログ執筆時)
そこでマスターが話していた一番美味しいと思ったお店がこの「大関」だ。

いざ、大関へ!

時としてあてにならない GoogleMapは明らかに道がない部分を指していて、僕らは迷った挙句お店にたどり着いた。
細い道のさらに袋小路のドンつき。これはちょっとわかりづらい。

お店の前には炭がセッティングされているから、ちょっと遠くからこの風景が見えたらそれが目印だ。
ただ、どうやら移転しまうみたいなんだよね。

赤坂大関(本店)は2020年7月31日(金)閉店(予定)
(計画進行状況により延長となる可能性あり)
仮店舗は赤坂にて2020年3月中旬オープン(予定)
公式サイトより

行く時は公式サイトをチェックだね。

上一匹コースをオーダーしてみた。

特に予約もしていなかったけど、日曜日の午後4時過ぎというオヤツ過ぎの夕飯前みたいな中途半端な時間に行ったこともあって、(特に日曜日の赤坂は人がいないしね)スムーズに席に着けた。
メニューを見て今回オーダーしたのは上一匹コースというコースだ。結論から言うと、この上一匹コースを頼んで良かったと思う。

おもむろに置かれたのがこのペラ一枚の紙。
なんのことだ!?と、思っていたら、この紙に書いてある通りにお肉が配置されて出てくるんだよね。
これはなんかわかりやすいな。
最近はお肉に札が書いてあったり、店員さんが説明してくれたりすることもあるけど、こうやって書かれているといつもよりさらに部位が意識されて面白い。

おもむろに置かれた七輪と、お肉と一緒にオーダーしたライス。
お肉が来る前にライスが来るお店はいいお店だと思う。だって、1枚目のお肉からライスに合わせて食べたい時もあるからね。
ライスが遅いと、「ライス待ち」しちゃう時あるじゃない。

上コース1皿目はホルモンと精肉混合のマニアックな部位

まずは1皿目なんだけど、思わず紙に書かれたメニューとお肉を見比べてしまった。でも、これ、とってもわかりやすい。
そしてこれは2人分。とてもわかりやすい配置。お肉は各部位1人1枚ずつ。

カシラ、ゲタカルビ、ハラミスジ、ハツ、シビレ、ギアラ、タテバラ。

どれももちろん味は美味しい。
特にシビレが美味しかったな。サクサクの食感と柔らかい食感。さっぱりとした旨味があって、とても満足度が高かった。

上コース2皿目は精肉中心のお肉食べてるぞー感満載の一皿

2皿目は、ザお肉といった盛り合わせで、もう全体的に赤い!普通の焼肉屋さんに行くと、だいたいよく見るような部位ばかりだね。

イチボ、ランプ、上ロース、ザブトン、上ハラミ。

一番美味しかったのはこの中で唯一ホルモンである上ハラミ。ご存知、横隔膜に当たる部位。
咀嚼するごとに溢れ出す旨味。とても柔らかくて美味だった。
もちろん、その他の部位もA5のお肉ということでとっても美味しい。脂が強めのお肉も少なめだし、なんだかとてもちょうどいい感じの盛り合わせだったよ。

上コース3皿目は味噌だれのホルモンをがっつり味わう

さっきは真っ赤だったけど、今度はオレンジというか黄色というか。がっつりホルモン来たーーー!みたいな感じ。

ホルモン、センマイ、ハチノス、ヤン、コプチャン、レバー、コブクロ。

ヤン。ヤンてどこの部位なんだ!?
調べて見たら牛の胃。牛一頭から300グラムしか取れない希少部位みたいだ。ヤンは韓国語。日本だとハチコブっていうみたいだね。
これがプルンプルンで柔らかくてコラーゲンを食べてるようなイメージで、少しねっとり。でも、コリコリもしている。そして甘い。独特の食感があってとても面白い部位だ。食べる機会があったらぜひ食べてみると面白いと思う。
もちろんその他の部位もおいしい。何と言ってもホルモンは味の違いがわかりやすくて面白い。

牛一匹コースの名前は伊達じゃない

なるほどね。もちろん全部位というわけじゃないけど、牛の色々な部位を一度の食事でたくさん楽しめる。
焼肉屋にきてこんなにも多くの部位を一度に味わったのは初めてかもしれない。全部で19部位だ。
1部位1切れという割り切った考え方もとてもいい。そして、違う味わいって考えると次々とついつい食べ進めてしまう。
自分の好みや、大好きな部位だけを大量に食べたい人には向いていないかもしれないけど、いろんな味をちょっとずつ食べたいみたいな人にはとっても楽しめるお店だと思う。

赤坂大関

食べログの2019年の焼肉100名店にも選ばれるだけあって、肉質は確かなものが多い。
アラカルトも頼めるけど、頼むべきは牛一匹コースだ。ホルモンが苦手でさえなければ上一匹コースがおすすめだ。

移転しても、このスタイルで是非多くの部位で楽しませてほしいな。

赤坂大関
03-3586-5456
東京都港区赤坂3-18-12

関連記事

  1. 魯山人の精神が受け継がれている紀尾井町 福田家の話

  2. 鮨かねさか系列の予約しないで食べれる海鮮丼が美味しい話

  3. 船橋の「焼肉 牛者(ぎゅうしゃ)」で食べた焼肉の話

  4. ヴィノーブル (VINOBLE)のテイクアウト牡蠣弁当が美味しい話

  5. 完全紹介制の(多分)日本で一番高級な鰻屋に行った話

  6. 赤坂/溜池山王にあるみんなの台所 真 sin の海鮮丼の話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


About Author

  1. 本当にオススメのお寿司屋さんを厳選してご紹介

    2020.03.06

  2. 本当にオススメの2019ベストレストラン22店舗をご紹介

    2020.02.23

  3. マツコ&有吉かりそめ天国の焼肉ガチランキングでランキングの…

    2019.03.07