西麻布けんしろうの【結-musubi-】コースを食べた話

西麻布けんしろうといえば、2016年頃に大ブーム。予約を何度か取ろうとしたけどなかなか取れなかった記憶がある。

そろそろ予約が落ち着いたのではとふと思い出したらあっさり予約が取れたので行ってみることに。
完全個室でいかにも西麻布らしい洗練された雰囲気のお店だ。

焼肉屋というよりは肉割烹に近いだろう。

西麻布けんしろうのすべてを堪能できると書かれていたのでオーダーした【結-musubi-】コースはお肉のいろいろな可能性をコースで堪能できた。

まず驚いたのがピンクのソースが掛かっている十種の冬野菜 彩りサラダというメニューで、まるで着色剤を使ったかのようなピンクのいちごドレッシングがかかっているんだけど、これが存外に美味しい。
こういうトリッキーなフルーツソースは手放しで美味しいと言えることが少ないのだけど、これは美味しかった。

さて、それぞれのメニューで使っている和牛が違うのもこのお店の特徴で、山形牛、松阪牛、尾崎牛、万葉牛、野崎牛と部位や提供の仕方でお肉を変えている。
山形牛のユッケは甘みしっかりでもちろん美味。
薄切りのサーロインはなめ茸と自然薯のスープにつけていただく。脂たっぷりで本来はメインをはれるサーロインが、和のテイストとお出汁の味わいでしっかり温菜に変化する瞬間だ。

最も印象的だったのはけんしろう焼きという店名がメニューになっている名物料理のシャトーブリアン。低温調理とさくらのチップの燻製。
味付けは塩コショウでシンプルだけど、元々の肉質の良さから感じられる甘みと柔らかさと深い旨みが、薫香を纏うことによってさらに複雑味のある味わいに変化している。
美味だ。

その後、独創性の高い肉じゃがや、和牛の焼肉、赤身の焼肉、ヒレ肉のカレーと最後までしっかりと楽しめる料理構成だった。
独自性をしっかり出しつつも美味しい。そして、スタンダードな焼肉もしっかり美味しい。

西麻布けんしろう。いろいろな牛肉の可能性が感じられて、今後も進化していくのだろう。
普通の焼き肉に飽きた人にはオススメだ。

店名 西麻布けんしろう → 食べログ
ジャンル 焼肉、その他肉料理、ホルモン
予約可否

完全予約制

住所

東京都港区西麻布4-2-2 Barbizon92 1F

 

関連記事

  1. 第24回肉肉学会でホルスタイン、ブラウンスイス、エアシャーの食べ比べ

  2. 肉割烹の話

  3. 肉肉学会で聞いた尾崎牛の尾崎宗春氏の話

  4. マツコ&有吉かりそめ天国の焼肉ガチランキングでランキングの選考をさせてもらった話

  5. 雪室熟成で熟成させた熟成肉の話

  6. 西麻布の赤のれんで博多ラーメンを食べた話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA