シカゴピザの話

最近食べて面白かったのはシカゴピザ
そもそもシカゴピザってどんなピザなのかを調べてみると、なかなか面白いことがわかった。

スタッフドピザ(stuffed Pizza)やディープディッシュピザ(Deep dish Pizza)とも言われるこのピザは1943年に UNO というお店が一番最初に今のスタイルで提供したと言われている。

分厚い壁のような生地。たっぷりのチーズ。しっかりと中に詰まった様々な具材。そして、ピザをカットすると溢れ出すチーズが食欲をそそる破壊力抜群のピザ。
もちろんカロリーだって破壊力抜群。ピザ大国アメリカの中でも最もハイカロリーと言われているのがシカゴピザなので、食べるときはしっかりお腹をすかせて。

そんなシカゴピザを恵比寿と吉祥寺で食べた。

黒い生地のシカゴピザは Butcher Republic EBISU で食べたブラック&ホワイト チーズというシカゴピザ。モッツァレラ、チェダー、ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノ、ベシャメルソースが入っていて、チーズ好きにはたまらないかなり癖のある味わい。
特にゴルゴンゾーラの風味が強く感じられるので、そっち系のチーズの味わいが好きな人には本当にたまらない。

もう一つは THE ROOFTOP BUTCHER CHICAGO PIZZA&BEER で食べた Tokyo トラディショナル というシカゴピザ。
Tokyo X.モッツアレラ.トマトソース.アーリーレッド.山椒が入っている。幻の豚肉とも言われることがある TokyoXが贅沢にも使われているのが特徴だ。
TokyoXは何度か食べたことがある。TokyoX生産組合 によると、『TokyoX は日本のブランド豚の銘柄は250種類以上あるが、遺伝子を固定し、新しい合成種の系統として日本種豚登録協会に認定されたものは、トウキョウXが初』ということ。
赤みにもしっかりと脂が感じられて旨味やコクが感じられる豚肉だ。
そんな豚肉の旨味がしっかり感じられるピザなのだからもちろん味わいは大満足。

ピザというジャンルだけど、これはもうピザと言うよりちょっと別のジャンルと言っていいかもしれない。

溢れ出すチーズ。そして無限の可能性を秘めた様々なバリエーションが楽しめるであろうシカゴピザは、これから更にブームになることは間違いないと思う。

まだ食べていない方はぜひ一度試してもらいたい。

THE ROOFTOP BUTCHER CHICAGO PIZZA&BEER の情報をグルメサイトでチェック

 

関連記事

  1. 悪魔の酒「アブサン」の話 in Bar Tram (バー トラム)- 恵比寿

  2. 温度の物語 – 日本一のマルゲリータと薪釜の話 by Perte(ペルテ)× 門崎熟成肉

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA