恵比寿えんどうで食べたお寿司の話

しっかりと江戸前寿司。
そしてそこはかとなく感じられる、大将遠藤さんの独特でスローな時間。
そこから生み出されるまったりとした時間が居心地の良さに繋がっていてとても心地よい。

恵比寿えんどうの寿司

この日伺ったのは恵比寿にある恵比寿えんどう。
店主の寿司職人、遠藤記史さんはあの鮨さいとうで修行。その後長谷川稔でも。予約が取れないと言われる名店で修行を重ねた遠藤さんのお店は2019年2月にオープン。
オープンして1年既に人気店になっているよ。

つまみから始まる恵比寿えんどう

恵比寿えんどうのお寿司はつまみから始まるスタイル。
先ずは一品目は大好きなウニからスタート。

ウニはさっぱりとした味わいだけど、出汁の味わいと相まっていい感じ。
一品目にふさわしい一品。

続いてスッポン。
そして鰻といい感じで高級食材が続く。

鰻は産地違いの食べ比べで、上に乗った大きいうなぎが琵琶湖の鰻。
そして、下の二つが宍戸湖の鰻。
ちゃんと味わいが違うのが感じられてとっても美味だ。

そして塩麹とキュウリ。
さっぱりと。

毛蟹は蟹味噌とあえてあって、旨味がたっぷり。
これは美味しい。もっと食べたいやつ。

そして鮑。本当に高級食材のオンパレード。
アワビは肝の濃厚なソースをつけて食べると濃厚な味わいで、とても美味。このソースにご飯とかを絡めて食べたいなぁ。

味わいがサッパリとしている美味しいカラスミ。そして、イワシ(?)をいただいておつまみはこれで終了。

恵比寿えんどうの握り寿司

別皿でガリが出てきてから、一品目はマグロの中トロ。

この時期のマグロにしては、しっかり脂が乗っていて、旨味が強いマグロだったよ。

ここで鯨のお寿司。
鯨とは珍しくて嬉しいね。部位は尾の身かな。
脂が乗っていて、口の中でジュワッと広がる旨味が面白い。

そして、今が旬のトリガイはつまみで。

寿司はどれも美味。イカは柑橘系の味わいがしっかりと美味しいしノドグロの焼き寿司はめっちゃ脂乗ってて旨味もしっかり。
帆立は磯辺焼き風に。
アジは旨味がしっかり。本当に美味だ。

雲丹や穴子、そして海苔巻きと江戸前寿司の王道の終わり方で終了。

最後は出汁が濃厚なお吸い物で。

恵比寿えんどう

恵比寿にある恵比寿えんどうは旬の高級食材を使った江戸前鮨を提供してくれるお店だ。
店主の遠藤さんが醸し出す独特のスローな雰囲気がなんだかとてもいい感じ。
そして、有名店で修行していたと言うこともあって、お寿司もおつまみも素材も味付けもとっても美味だった。

機会があったらまた伺いたいお店。

恵比寿 えんどう
03-6303-1152
東京都渋谷区恵比寿南1-17-2 4F
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13231081/

関連記事

  1. 銀座の「すし家(すしや)」で食べた金坂さんのお鮨の話

  2. 恵比寿のわさびで食べたゴマ鯖の話

  3. 会員制になった「鮨さいとう」で江戸前鮨を味わった話

  4. 南青山のすし陸でテイクアウトのバラチラシを食べた話

  5. 恵比寿くろいわで茶懐石のコース料理を食べた話

  6. 鮨しゅんじで食べたお寿司の話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


About Author

  1. 本当にオススメのお寿司屋さんを厳選してご紹介

    2020.03.06

  2. 本当にオススメの2019ベストレストラン22店舗をご紹介

    2020.02.23

  3. マツコ&有吉かりそめ天国の焼肉ガチランキングでランキングの…

    2019.03.07