暑い夏の日は蕎麦がいいよねっていう話

僕の頭の中で、スチャダラパーのサマージャム95が流れていた。
「今日も暑ーい 1日になりそうです」から始まる日本語ラップのクラシックは夏の定番。
歌詞の中には蕎麦が出てくる。「これが夏となると格別なのよ」という歌詞を思い出して暑い夏の平日昼間から僕は蕎麦屋に伺った。
まずはビール。そしてつまみに焼き鳥に、卵焼きからのスタートだ。

クソ暑い平日の昼間からのビールは最高だ

そう。この日は平日。
ただ、経営者になって15年以上たつ僕は、もはや平日の真昼間にビールを飲むことに罪悪感なんてこれっぽっちも感じない。
瓶ビール一本で酔いなんてまわらないし、むしろ少し饒舌になって打ち合わせだって順調にこなせる自信がある。

ま、実際にビールを頼むときなんてにはもう勢いなのでそんなこと考えていないけどね。

蕎麦屋のおつまみも最高だ

おつまみには卵焼きと焼き鳥。

もう最高かよっていう組み合わせ。
二杯目のビールを並々と注いで出汁のよく効いた玉子焼き。
串には刺さっていないシンプルで歯応えがある焼き鳥。そしてネギ。

〆に蕎麦

最後はもちろん蕎麦。

ビールと冷房で暑い夏の火照った身体もようやく冷えかけてきたところで、ズズッと一気に行きたくなるよね。
特にここの蕎麦屋は喉越しがよくてやや辛めの麺汁とこれまたよく合う。
ずるずるっと麺をすすったらあっという間に食べ終わって、食べ終わる頃にはよく冷えてしまった身体を暖かい蕎麦湯が優しく温めてくれる。

夏の蕎麦。やっぱり最高だ。

室町 砂場 赤坂店

さて、そんな夏の蕎麦を食べて満足したのは赤坂にある蕎麦の老舗である室町砂場。
老舗の名店らしい佇まいと、さっぱりと美味しい蕎麦を食べることができる。
ちなみにこのお店、天ざる、天もり蕎麦の発症のお店と言われる日本橋 室町砂場の支店でもある。
歴史あるお店で夏はざるそばでも。そして発祥のお店の味わいを知りたかったら天ざるを食べてみてはどうだろう。

室町 砂場 赤坂店
03-3583-7670
東京都港区赤坂6-3-5
https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13002787/

関連記事

  1. 蕎麦と天ぷらの話

  2. フレンチの小泉敦子シェフと、格之進の熟成肉が期間限定イベントを開催する話

  3. 六本木の yelo で食べたピスタチオかき氷の話

  4. 御料理 宮坂で日本料理を食べた話

  5. 格之進で牡蠣と肉の組み合わせ「牡蠣肉」を食べた話

  6. 鮨さいとうのテイクアウトでばらちらしと太巻きを食べた話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


About Author

  1. 【ボーンブロスダイエットまとめ】ボーンブロススープを毎日飲んで1…

    2024.05.22

  2. 水戸にある焼肉 翔苑(しょうえん)で黒タン1本食べた話

    2024.05.20

  3. 西麻布の蒼果(せいか)で食べたデザートコース(ペアリング)が最…

    2024.05.18

  4. 毎日ボーンブロススープを飲んでダイエットをする話【1日目】

    2024.05.10

  5. Rich Soup(リッチスープ)のボーンブロススープを使って参鶏湯を作…

    2024.05.08