小林市にある地鶏の里で飛来幸地鶏(ひらこじどり)を食べた話

初の宮崎県で僕のテンションは上がりに上がってた。
そんなハイテンションの中、小林市の友人に連れて行ってもらったのは地鶏の里というお店である。宮崎といえば地鶏のイメージが強いよね。飼育生産一貫生産でこだわりの名古屋コーチンを作っている飛来幸地鶏(ひらこじどり)を食べてきたんだ。

お店は小林駅から車で10分弱の立地にある山の中。そう。山の中という表現がとてもぴったりと来るようなそんな立地にいきなりこのお店は現れるんだ。

地鶏の定義って少しあやふや

初めて食べたんだよね。飛来幸地鶏。
そもそも首都圏だとあんまり聞かないけど、どうやら名古屋コーチンを生産から解体販売までを一貫体制で行っているみたい。
ホルモン剤も抗生剤も使用しないで、通常よりも長い肥育期間で育てていると言うことで本当に手間暇かけて作った地鶏と言うことがわかるね。
ちなみによく聞く「地鶏」だけど、日本農林規格(JAS)の制定で、在来種由来の血液百分率が50%以上。そして、飼育期間が75日以上であり、28日齢以降は平飼いで育てなければいけないことになっているんだけど、強制力が強いわけではなくて、この基準を満たしていなくても「地鶏」と名乗っちゃうことがあったりするみたいなんだよね。
もちろんグレーゾーンなんだけどね。
ちなみに日本で育てられている鳥の98%がゲージ飼いと言われているし、2018年にも「地頭鶏(じとっこ)」を売りにしていた上場企業が経営する某居酒屋が、タイ産のプロイラーを地鶏風に見せて販売していて問題になったのは記憶に新しいね。
真面目に地鶏や銘柄鶏を育てている生産者の方が多くいる一方で、産地偽装や地鶏じゃないのに地鶏として販売しているケースがあとをたたないみたいだね。

ちょっと前置きが長くなっちゃったんだけど、そんな事情がある中、こちらの生産者はとっても真面目に鳥と卵作りに真剣に取り組んでいるみたいなんだ。

結論から言うと飛来幸地鶏(ひらこじどり)が美味しすぎる

謎の小屋のような個室に通された僕らは飛来幸地鶏のコース料理をいただいたよ。

先ずは鶏刺しからいただいたんだけど、これが本当に美味しくて、一品目を食べたタイミングで「また来よう」って思ったほど幸せな気持ちになれたんだ。
柔らかく。味わい深く。部位ごとの特徴がしっかり味わえたんだよね。特にレバーは臭みもなくて間違いなく美味しかった!

そして、食事中に椎茸を取りに行くと言う謎のイベントもあったんだけど、なんか楽しかった。
お店のすぐ裏に椎茸の原木があってさ。ここから好きなのを食べれるだけとっていいよ。って。
で、取った椎茸はあとから美味しく焼かれて出てくるんだよね。

以外にも小さい椎茸が美味しかったんだ。
大きいのばっかり取っちゃったけどね。なんか味がギュって詰まってる感じで小さい方が美味しかった。
こう言う体験型も面白いな。山の中にあるからこそだし、菌床じゃなくて原木っていうのもまたいいね。
そして、ただ質の高い鶏肉を提供しているだけでなくて、しっかりと調理された鶏肉の美味しさも味わえるんだ。

当たり前のようにどれも美味しくて、まさに舌鼓。

最後は焼鳥。部位ごとにちょっとずつたべれるのがいいよね。味わいの違いがしっかり感じられるし、飛来幸地鶏は柔らかいんだよね。
もちろん適度な食べ応えはあるけどね。ただ、やっぱり咀嚼すればするほど味わいが奥の方からガツガツ出てくる感じの美味しさを味わえることができるんだ。
そして、宮崎の定番のチキン南蛮。無類のタルタルソース好きな僕としてはこの上なく嬉しい一品。美味しかったなぁ。

鳥そば。そして卵かけご飯

先ずはシンプルな鳥そばを頂いたんだ。もちろん美味しかった。
鳥の出汁はいい感じだったし、ゆで卵も美味かった。でも、やっぱり卵かけご飯が食べたいよね。

こちらの卵かけご飯は、卵黄を箸でモテちゃうくらいしっかりした卵。
これは鶏の日齢が若くて、産みたてで鮮度がいい卵っていうことなんだよね。いつもなら卵は別皿の状態でぐちゃぐちゃってしてそこに醤油とかたらして食べちゃうんだけど、これだけ鮮度がいい卵だからね。
ご飯に直接乗せて、箸で切るようにして卵黄を割って、そこに野菜の素(やせのもと)というこれまた初めて食べた調味料をかけて食べると抜群に美味しいんだ。
野菜の素はうっかりお土産で頂いちゃったんだけど、ハンバーグにかけたりとにかく色々な料理との相性が良いし美味しいしで、僕は超ヘビーユーザーになっちゃった。
卵はもう当たり前のように濃厚。想像通り濃厚で、白身までもがしっかりとした食感があって主張してくる感じ。
これはもう是非現地で食べて欲しい卵だなぁ。

地鶏の里

宮崎県小林市に伺う機会ってあんまりないかもしれないけど、近くにきたり、宮崎県に行くことがあったらちょっと足を伸ばしても行ったほうがいいお店だと思うんだ。

鶏肉の美味しさを改めて知ることができる貴重なお店だからね。
飛来幸(ひらこ)地鶏の生産者である飛来幸(ひらこ)地鶏ファームとは同じグループ会社が経営している「地鶏の里」だからこそ出来る驚きの美味しさを体験できるよ。

小林 地鶏の里
0984-22-0262
宮崎県小林市南西方1247-1

関連記事

  1. 虎ノ門横丁のバードランドで食べた焼き鳥の話

  2. 鳥すき焼きの話

  3. ミシュラン一つ星の焼鳥屋「焼鳥おみ乃」の話

  4. 西麻布デートにぴったりな焼鳥屋でコスパ最高の焼鳥コースを食べた話

  5. 三軒茶屋の月山(がっさん)で焼き鳥のコース料理を食べた話

  6. 本当にオススメの2019ベストレストラン22店舗をご紹介

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


About Author

  1. 本当にオススメのお寿司屋さんを厳選してご紹介

    2020.03.06

  2. 本当にオススメの2019ベストレストラン22店舗をご紹介

    2020.02.23

  3. マツコ&有吉かりそめ天国の焼肉ガチランキングでランキングの…

    2019.03.07