赤坂のChez-Ryo (シェ・リョウ)で食べたランチのリゾットの話

美味しい本格的なフレンチ。だけど、気軽に予約もなしに行ってサッと食べれる感じってなんか嬉しいよね。
赤坂にある Chez-Ryo (シェ・リョウ) はまさにそんな感じのフレンチを提供してくれるお店だ。

ランチは選べる5種類 1200円

ランチは1200円。ちょっとお高めに思えるかもしれないけど、このクオリティなら大満足なのだ。

フォアグラとブランデーで仕上げたボロネーゼ
カニとシブレットのリゾット
上野精養軒直伝のハヤシライス
スズキとオマール海老 +300円
黒毛和牛とフォアグラのパイ包み +500円

ちなみに前回はボロネーゼをいただいたんだけど、大満足だった。

ご飯が食べたくて蟹とシブレットのリゾットをセレクト

今回は蟹とシブレットのリゾットを大盛りでいただいたんだけど、大盛りにしたのはちょっと後悔だ。
朝ごはんをかなりしっかり目に食べたのを忘れていたので、途中で満腹になってしまった(笑)

サラダとスープの量とクオリティが素晴らしい

まず、ここのランチはサラダとスープのクオリティが素晴らしいのだ。

サラダはシェフの気まぐれなので、具材は毎回違うみたいだけど、海鮮とお肉系は毎回必ず乗っているみたいだね。
この日はタコやハムが添えられていて、それがしっかりと美味しいんだよね。
そして、何よりサラダ自体の量がとても多いしドレッシングが素晴らしく美味。ぺろっといけちゃう感じだ。

ポタージュももちろんとっても美味。おかわりしたいくらい。

蟹とシブレットのリゾット

メインはこちら。
ちなみにシブレットとはハーブのこと。ユリ科の多年草で、見た目はアサツキのような感じ。西洋料理ではネギのように使われるんだけど、ネギよりはマイルドな味わいが特徴だ。

リゾットとかにしちゃうと、蟹の風味ってあんまり感じられない場合が多いけど、ここのリゾットはしっかり蟹の風味が感じられて、ちょっと固めのお米がこれまたいい感じ。
シブレットの上品な香りもしっかり香る味わい深いリゾットなのだ。

Chez-Ryo (シェ・リョウ)

赤坂3丁目。赤坂駅に程近い雑居ビルに入っているカジュアルに予約もなしに行けるけど、本格的なフレンチが楽しめるのだ。
料理はどれもしっかりと手が混んでいて、シェフが作る料理は何を食べてもしっかり美味なのだ。
夜はアラカルトでも注文ができるので、カウンターで一杯飲みながらちょっと軽くフレンチをつまみみたいな感じの使い方もできるので夜もおすすめのお店だよ。

Chez-Ryo
03-5544-8239
東京都港区赤坂3-12-10 赤坂サンビル 4F
https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13196549/

関連記事

  1. ふれんちみざんで食べた鴨コンフィのシュークルートの話

  2. ヴィノーブル (VINOBLE)のテイクアウト牡蠣弁当が美味しい話

  3. 埼玉県にある高橋屋で緑川の天然うなぎを食べた話

  4. 完全紹介制の(多分)日本で一番高級な鰻屋に行った話

  5. 南青山/表参道のラス (L’AS)でコースのフレンチを食べた話

  6. 銀座の「すし家(すしや)」で食べた金坂さんのお鮨の話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


About Author

  1. 本当にオススメのお寿司屋さんを厳選してご紹介

    2020.03.06

  2. 本当にオススメの2019ベストレストラン22店舗をご紹介

    2020.02.23

  3. マツコ&有吉かりそめ天国の焼肉ガチランキングでランキングの…

    2019.03.07