神楽坂の紀茂登(きもと)で極上の日本料理を味わった話

いきなりだけど、和食で言えば2019年で最も自分の口にあったと思う。
つまり、もっとわかりやすく言えば、和食に関しては2019年で最も美味しかったのが神楽坂にある紀茂登(きもと)だ。
ちなみに、入り口からしてとてもわかりづらいんだけど、色々とよく見ると入り口はわかると思う。

伺った暗証番号を入力するとドアが開くというスタイルだ。暗証番号は予約名をいうと教えてくれる。
店内はカウンター一列のみのシンプルなスタイル。
高級な寿司屋のようなカウンターはとても居心地が良いのだ。

高級食材のオンパレード

料理は初っ端から高級食材のオンパレードだ。
いきなり一品目からめちゃくちゃ美味。旬の食材の香箱ガニとご飯が合わさった一品で、いきなり〆か後半に味わうような多幸感が襲ってくるんだよね。

その後もどの料理も全く妥協がなく美味しいの連続。
椀物もカツオも何を食べても本当にとっても美味だ。

間人蟹(たいざがに)

ズワイガニにつけられた緑のタグでわかる間人蟹のブランドに胸膨らむのが今日のメインでもある蟹だ。

間人蟹とは、京都府の丹後半島の間人(たいざ)港に水揚げされた蟹で幻の蟹とも言われている蟹なんだけど、これが本当に美味しいんだよね。

蟹の力強い旨味が全力で感じられるとても素晴らしい蟹だった。
美味。
それしか出てこなかった。

食べた後は思わず笑顔がこぼれたよ。

後半も全力で美味しい料理の数々

海老芋
カモネギ
お出汁と昆布だけで炊いた蕪
新米御飯
白菜、塩昆布
シャトーブリアンと生黒コショウ
お出汁の雑炊

どれもとても美味だ。本当に美味だ。
特にシャトーブリアンは肉の専門店かと思うほどの絶妙な焼き加減でとても美味。甘み。旨味。柔らかさ。素晴らしかった。

紀茂登のデザート

最後はしっかりとデザートだ。

最後までしっかり美味い。
立ててくれたお茶まで美味しい。

神楽坂 紀茂登

神戸でミシュランの二つ星を獲得。満を辞して東京にオープンしたのが2018年10月。すでに予約はかなり取りづらくて常連以外はOMAKASE等の予約サービスをうまく使って予約しないと予約は中々取れなくなっている。
しかもお値段は1人5万円以上はするんだ。
確かにお値段は高いけど、それに見合うほど美味しい料理の数々をいただけた。
和食や日本料理の高級料理にありがちな「素材の味を楽しむ」系だと調味料もほぼ使わないため結構味が薄めのお店が多いんだけど、ここはしっかりとした味付けでその塩梅が絶妙なのだ。
本当に美味しかったからまた季節を変えて再訪したいお店である。

紀茂登 (きもと)
東京都新宿区東五軒町5-5
電話番号非公開

関連記事

  1. すし良月(あきら)で若き大将が握る鮨を食べた話

  2. 肉割烹の話

  3. 御料理 宮坂で日本料理を食べた話

  4. 鳥取旅行でおすすめ。「すし銀」で蟹食べまくりで蟹疲れした話

  5. 最高級に美味しいと感じた超高級おにぎり(塩むすび)の話

  6. 山形県河北町の郷土料理「冷たい肉そば」の話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA