成城石井の desica バターチキンカレーの話

最近は自宅で食事をする機会も増えてきたので、近所にある成城石井がお気に入り。
その中で見つけたバターチキンカレーがとても美味しかったのでご紹介。

成城石井の desica シリーズ

いつの間にかローソングループとなっていた成城石井だけど、そのこだわりのクオリティの高さは相変わらず。
成城石井がの desica(でしか) シリーズは成城石井「でしか」作れないというプロダクト。保存料・合成着色料・合成甘味料不使用のお惣菜は職人の手作り。
Delights Seijo Ishii Chef Approved の頭文字で desica なのに成城石井「でしか」にかけてしまう素敵なキャッチコピーだ。
今回はそんな desica の中で前々から気になっていたバターチキンカレーを購入。

バターチキンカレーはごろっと骨付き肉が入っていて美味

そもそもバターチキンカレーっていう名称で、美味しくなかったことがない鉄板メニュー。

よーく煮込まれた骨付きの鶏の手羽元がまるっと一本入っていて見た目にもいい感じ。
スパイス感や辛さは弱目でマイルド感の強いカレーだけど、しっかりとトマト系の酸味が引き立っているよ。
ナンよりは白米との相性がいいような旨味が強いカレーで、カレーのルーを入れた時はちょっと少ないかな・・・って思ったけど、食べてみるとちょうどいい量。味がしっかりしているからかな。
インドカレー系のバターチキンカレーを想像するとちょっと違うかもしれない。

バターチキンカレーには鶏の手羽元が乗っていて、これがホロホロでいい感じの味わい。
箸やスプーンで簡単に取り出せるし、なんなら骨も噛むとすぐに砕けちゃうくらいガッツリ煮込まれているんだけど、やっぱり美味しいなぁ。
ちょっとしたレストランで食べるカレーよりも場合によっては美味しいかもしれない。

成城石井 desica骨付き肉を煮込んだ旨みたっぷりバターチキンカレー

食べてよかったの美味しい味わい。

このクオリティが1つわずか300円台で買えるとか、成城石井は凄いな・・・と。
自宅でちょっと本格的なカレーを気軽に簡単に食べたい時にはとてもお勧めだよ。

関連記事

  1. 印度料理シタールでスペシャルターリーを食べた話

  2. 普通の焼きそばとの違いは?富士宮焼きそばの話

  3. 成城石井の生パスタ リングイーネと濃厚クアトロフォルマッジを食べた話

  4. 格之進の新商品 CAN BURG(カンバーグ)を食べた話

  5. 高知県須崎市 みなみ丸の真鯛お刺身セットで鯛茶漬けを食べた話【PR】

  6. 二代目福治郎の日本一高い高級納豆を食べた話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


たわら屋のローストビーフ