やっぱりステーキで食べたステーキと替え肉の話

「やっぱりませー」という独特の挨拶で迎え入れてくれるのがやっぱりステーキ。
沖縄発のコスパ最強と噂のあるステーキ屋は、北海道や名古屋、福岡と他店舗展開。東京にはまだ無いみたいだけど、やっぱりステーキの全国制覇も近いのかもしれない。

やっぱりステーキはとってもカジュアル!

ちょっとだけ「いきなりステーキ」みたいな雰囲気のネーミングを感じるけどいきなりステーキよりはカジュアルの価格帯のやっぱりステーキは食券制。
食券を買って店内に入ると「やっぱりませー」でお出迎え。
そして、ライスやサラダ、スープは自分でとりに行くスタイルだよ。

スープを飲みながらテーブルの上の調味料を色々とチェック。それにしてもかなり多くのソースや調味料があって選び放題。これは色々な組み合わせを楽しめそうな感じ。

サーロインステーキ

まずはサーロインステーキをオーダー。

ステーキの上には爪楊枝と何故かキッチンペーパーみたいなものが上に乗っていて、おそらく脂が飛ばないようにしているのかなーと想像。
お肉は米国産のUSチョイスグレード(アメリカの肉の格付けで上から二番目)のお肉。
和牛のように霜降りでは無いけど、柔らかくて食べやすいお肉。お肉食べてる!って感じがとっても良くてこの価格(サーロイン 180グラム 1600円)ならかなり気軽に食べられるし、何よりサラダバーなんかもこの価格でセットだから結構な満足度だ。

替え玉じゃなくて替え肉!?

そしてテーブルにはこんなポップが。

そう。ラーメン屋さんであるような替え玉のような形で替え肉という斬新なアイデアのおかわり肉を用意していた。
確かにステーキ屋さんてちょっとおかわりはしづらいけど、100グラムでオーダーも出来るということでこれはとても気軽に頼めて良い制度だと思う。
よくある鉄板提供型のステーキハウスで最初から400グラムとか頼むと、後半は鉄板も冷めてしまったり(再加熱できるお店も多いけど少しめんどくさい)、せっかくだから数種類のお肉を味わいたい人にはとてもいい感じだ。

替え肉は上ミスジステーキをオーダー

そして替え肉は上ミスジステーキ(600円)をオーダーした。

一応赤身の部位だけど、和牛だとサシが入っていることが多くてガッツリ霜降りになりがちだけど、USチョイスグレードだからしっかり赤身。
それでいて柔らかくてお肉の旨味がしっかり。サーロインとは間違うタイプの柔らかさ。そして、旨味はミスジの方が強いかな。
それにしてもミスジ100グラム 600円で提供に驚き!

やっぱりステーキ

驚くべきコストパフォーマンスを誇るやっぱりステーキのお肉は、アメリカのUSチョイスグレードを使っていて驚くべきコストパフォーマンス。
特に替え肉はコスパも素晴らしくてお腹に余裕があれば是非頼んでみるのをオススメ。

やっぱりステーキ 8th 久茂地店
098-862-5529
沖縄県那覇市久米2-5-10
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47023722/

関連記事

  1. ガーリックライス発祥のお店のガーリックライスはやっぱり美味しかった話

  2. カーペットバックステーキが今後流行ると思うよっていう話

  3. 西中洲にあるBera Jr.(ベラ ジュニア)で薪焼きステーキを食べた話

  4. TACUBO監修の西麻布FORNO(フォルノ)で窯焼きステーキを食べた話

  5. 温度の物語 – 日本一のマルゲリータと薪釜の話 by Perte(ペルテ)× 門崎熟成肉

  6. 沖縄食材を使った懐石料理で最高の沖縄そばを食べた話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


たわら屋のローストビーフ