銀座の寿司屋で昼飲みをしたら最高だった話

突然だけど、昼飲みって最高だよね。
まだ明るいうちからさ、うっかりビールやら日本酒やらワインやらを飲んで、程よく酔っ払ってさ。美味しいアテがあったらもうそれでその日はハッピーだよね。
やっぱり美味しいもの食べて、仲がいい人とお酒飲んでる時間は最高だね。

この日は銀座の「新太郎」でお寿司を食べたんだ。
10年くらい前に夜に伺った記憶があるお店。そこでの昼飲み。土曜の午後の営業は幸か不幸か僕ら2人の貸切となったんだ。

七賢と寿司

お酒を頼もうと思ったんだけど、こちらのお店。どうやら日本酒は七賢しか置いてないみたいなんだ。

七賢と言えば山梨県の白州のお酒。爽やかでスッキリ。決して主張しすぎないし、もちろん味は美味しいんだ。
しかもお水まで七賢の仕込み水を使っているって言うからね。確かにお水もとっても柔らかく感じたなぁ。
これがまたお寿司と会うんだよね。

お寿司は全体的に小ぶりな握りで王道系の江戸前寿司なんだ。
出てくるタイミングもちょうどよくてさ、日本酒がグイグイ進んでいくんだよね。

昼のみっていくつかメリットと醍醐味があるよね。

  • 微かな背徳感と優越感
  • 時間を有意義に使えた気持ちになれる
  • 夜に飲むよりは低コストで済む場合が多い
  • 次の日に酒を持ち越さない

ま、昼から深夜まで延々と飲んじゃうこともあるけどね。美味しいお寿司に日本酒。昼から飲めるのは最高だよね。

シンタロール

ちなみにこちらのお寿司屋さん。新太郎と言う名前なんだけどオリジナルのお寿司もあるんだ。
その名も「シンタロール」ってそのままやん!と流石に大将の前では突っ込めなかったけど、心の中では盛大に突っ込んでおいたよ。

穴子と干瓢を巻いた新太郎巻き。又の名をシンタロールだよ。
干瓢の美味しさと、鰻のふっくらとした柔らかい美味しさが特徴的な巻物だね。
お寿司のシメにはぴったりの逸品なんだ。

新太郎

名店が多い銀座でもう20年以上、移転前の神保町で27年営業をしてきた超老舗の寿司屋なんだ。

奇を衒うこともなく、王道の江戸前寿司を本当に美味しく出してくれるお店ってなんだかありがたいよね。
「美味しい」と言うたびに大将が上機嫌になるのがわかるホッコリとした接客もとても心地よくて、昼からいい気分にさせてくれるんだ。
やっぱり昼飲みは最高だね。

お店を出てもまだ14時台。
僕らはそのまま銀座のワインバーへと流れるのだった。

新太郎
050-5592-9126
東京都中央区銀座7-5-4 毛利ビル B1F

関連記事

  1. 鮨よしたけが監修した「鮨きのした」で寿司を食べた話

  2. 寿し処 寿々のテイクアウトでバラチラシを食べた話

  3. 福岡の鮨さかいで食べた極上のお寿司の話

  4. 自宅で祇園さゝ木監修の炙り〆鯖 小袖寿司を食べた話

  5. 銀座 五明で秋田牛の鉄板焼きを楽しんだ話

  6. 鳥取旅行でおすすめ。「すし銀」で蟹食べまくりで蟹疲れした話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


About Author

  1. 本当にオススメのお寿司屋さんを厳選してご紹介

    2020.03.06

  2. 本当にオススメの2019ベストレストラン22店舗をご紹介

    2020.02.23

  3. マツコ&有吉かりそめ天国の焼肉ガチランキングでランキングの…

    2019.03.07