サントリーの新発売のジン「翠 SUI(すい)」の話

バーホッパーとしては最近の日本のジン業界が盛り上がっているのはとっても歓迎すべきことだと思う。
なんてったって選択肢が増えるからね。
そんな中、サントリーが満をじして食事にも合うというスタイルのクラフトジンを2020年3月10日に発売したよ。


和の素材を使った爽やかなジャパニーズジン

サントリーのジンは柚子、緑茶、生姜が使用されていて、日本人向けに爽やかで清々しい味わいのクラフトジン。
そのほかにも、ジンには最も重要なジェニファーベリーはもちろん、コリアンダーシード、アンジェリカシード、しカルダモンシード、シナモン、ビターオレンジピール、レモンピールと伝統的なボタニカルを使用してジンの旨味もしっかりと感じられるソーダわりに適したジンなんだ。

クラフトジン「翠 SUI」を早速飲んでみた

早速ちょっと試飲用のボトルをいただけたので飲んでみることに。

まずはストレートで頂く。
飲んですぐに感じるのは爽やかな柚子の香り。そのあとしっかりとジェニファーベリーのジンの旨味がきて、そこから爽やかな生姜系の辛味が感じられて後味はスッキリとしていて余韻はあえて弱くしている印象。

ソーダで割ったりしてももちろん美味しくさっぱりと飲むことができた。
ソーダ割りは食事全般に合いそうなさっぱりとした味わいで、これは飲みやすい。
ライムを入れたり、トニックウォーターで割ったりもしてみたけど、ソーダ割りの方がさっぱりと美味しくいただける印象だ。
緑茶とかで割っても美味しいかもしれない。

オリジナルカクテルも・・・

こちらはオリジナルカクテル。なんと隠し味にコーヒーを使っていて、独特の風味が感じられる。

ちょっと意外なものを組み合わせることによって風味が豊かになってお肉との相性もバッチリになった。
提供しているのは僕が社外執行役員をさせてもらっている格之進Neufで、これは確かにシャルキュトリーや熟成肉との相性が良くて食事もどんどんすすみそうである。
サントリーの翠は癖がなく日本人に馴染みやすい味わいで、色々な組み合わせが試しやすいジンだと感じだ。

サントリー翠

サントリーはちょっと前から焼肉業態とかを中心にジンとニクってことでジントニックをビーフィータージンで普及させてきたけど、ここにきて本格的に食中酒にジンを・・・という意気込みが感じられるね。
お値段もお手頃なので、家でご飯食べながら翠-sui- でジンのソーダ割りなんかを飲んでみるのもいいかもしれないね。

サントリー翠
2020年3月10日発売 定価 1380円(税別)
3つの和素材を使用した日本の食事に合う清々しく香るジャパニーズジン
楽天で購入
アマゾンで購入

関連記事

  1. 新しいワインを飲むときはいつだってワクワクする。

  2. 肉匠堀越の「肉ばらちらし」をテイクアウトした話

  3. Japanese Soba Noodles 蔦 のお取り寄せラーメンを食べた話

  4. 青山ブション・アミュゼの本格欧風ビーフカレーとワインのペアリングを楽しんだ話

  5. 焼肉ヒロミヤのテイクアウトで冷凍カレーを食べた話

  6. 二代目福治郎の日本一高い高級納豆を食べた話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


About Author

  1. 本当にオススメのお寿司屋さんを厳選してご紹介

    2020.03.06

  2. 本当にオススメの2019ベストレストラン22店舗をご紹介

    2020.02.23

  3. マツコ&有吉かりそめ天国の焼肉ガチランキングでランキングの…

    2019.03.07