船橋の赤坂味一で中華そばを食べた話

赤坂味一。初めて伺った時は何も知らずに大盛りを頼んだ。するととんでもない量の麺が出てきてもう全く終わりが見えない。
僕は(これは今ならパワハラなのだろうか。いや、食ハラ?麺ハラ?)嫌がる部下に大量の麺を輸送してなんとか食べ終わったのを覚えてる。

部下はそれはもうとても嫌がっていた。あの時はごめんなさい。

違う日。赤坂味一からの帰り道、オフィスのエレベーターに乗ると同じフロアの違う会社の人が声をかけてきた。
「お、もしかして味一ですか?」
それ以来その人とは会えば世間話をするようになった。
そういえばこれから結構大きい取引をする予定の会社の人が来社した時に「オススメのラーメン屋教えてください。」という話になって一緒に伺ったことがある。
彼はその後も常連になってしまって一人足しげく通っているみたいだ。
とにかく会社の近所にあった(今も船橋オフィスから一番近いラーメン屋だ。)ラーメン屋なので結構な頻度で通った思い出があるラーメン屋である。

値上げをして、まずいとか不味くなったって噂も!?

赤坂味一。値上げをした。いや、したという噂は聞いていた。
僕がよく行ってた頃は500円とか550円くらいだったと思う。

今では700円である。チャーシューメンが900円。メンマラーメンが900円だ。
だが、ビギナーは間違えて大盛だけは頼まない方が良い。この後の仕事にも差し支えが出るレベルだからね。先ずは普通から始めよう。
そして、予算を気にしない人は是非チャーシューメンマを頼んで欲しいんだ。

チャーシューメンマ

合わせ技。別に安くもならない1100円。僕はこいつをオススメする。

ラーメンはこんな感じだ。
以前と味が変わったか?と言われると正直わからない。昔はもっと煮干しの味が濃かった気がするけど誤差の範囲だ。
そもそも煮干しの味わいはもともとムラがあった気がするけど、それすらも楽しめるのが赤坂味一だと思う。

スープは煮干しが濃いめの醤油スープでシンプルな味わい。
麺はやや太めでコシがあって食べ応えがある。もちろんスープとの相性は抜群でよくスープの味わいが感じられて実に味わい深い。

チャーシューは以前よりも脂が乗っている気がする。以前はもっとパサパサだった。
自家製のメンマは歯ごたえも良くてそのまま食べても美味しい。一つ二つそのまま食べた後はすぐにラーメンに全投入しちゃうけどね。

なんという過去のラーメンは食べれれば食べるほど中毒性があるんだよね。
1度目に食べた時は、美味しいけど普通の煮干しがガツンと効いたラーメンかな。。。程度。2度目で癖になって、3度目で中毒にようなラーメンである。

赤坂味一

もともとは港区の赤坂でオープンしたという赤坂味一は1975年に移転して、船橋で開業して45年。
世代も変わって最近では亀戸にも支店を出したとか。
メニューは中華そば一本のこのラーメンは定期的に食べたくなってしまうんだよね。

赤坂味一
047-434-4104
千葉県船橋市湊町2-2-19
https://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12000108/

関連記事

  1. MASHI NO MASHI TOKYOで1万円ラーメン WAGYUJIRO を食べた話

  2. クラムチャウダー日本一。本場米国でも優勝した963の話

  3. 船橋にある「そばやの高さわ」で蕎麦を食べた話

  4. 宮古にあるラーメン屋「多良福 (たらふく)」で食べた中華そばの話

  5. 鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包のランチを食べた話

  6. 西麻布の赤のれんで博多ラーメンを食べた話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


About Author

  1. 本当にオススメのお寿司屋さんを厳選してご紹介

    2020.03.06

  2. 本当にオススメの2019ベストレストラン22店舗をご紹介

    2020.02.23

  3. マツコ&有吉かりそめ天国の焼肉ガチランキングでランキングの…

    2019.03.07