渋谷桜ヶ丘にある大人の隠れ家「鮨 花おか」でお寿司を食べた話

渋谷の桜ヶ丘と言えば再開発の真っ最中だよね。
何度か通ったお店もいくつか無くなったりして、東急不動産が2023年に再開発が終わる予定で頑張ってるみたいなんだけど、おかげ道が結構変わってるんだよね。
だいぶGoogle先生に遠回りさせられてついたのがこちらのお店だよ。

「花おか」特選コース

今回オーダーしたのは12000円の花おかコースなんだ。
大将が魚マニアなのが伝わってくるような、マニアックな魚をのマニアックな部位を食べさせてくれるのも中々面白いお店なんだ。

クエとヒゲソリダイのキモの食べ比べ(クエが甘みが美味しくて、ヒゲソリダイは独特の苦味が美味しいんだ)だったり、かすげ(エイのほほ)の唐揚げだったりと序盤からガンガンくる感じ。
お寿司はもちろん美味しいんだけど、一品料理も中々特徴的に美味しくて、沼津の深海えびはとてもいいバランスの香ばしさがあって、深いところにいるからこその殻の柔らかさあるんだ。
あとは肝のせの小田原の黒ムツも美味しかったな。
黒ムツも赤ムツ(いわゆるノドグロ)同様に、たまにノドグロって提供される居酒屋とかあるけど、値段倍くらい違ったりするからあれはよくないなーと思う。うん。
話が逸れたね。
この黒ムツは適度な脂とさっぱりした中にもしっかりとした甘みがあって、肝のいい具合の苦味が食味にいい感じのワンポイントになって実によかったんだよ。

大好物のミニウニ丼

そして、こちらのお店のスペシャリテは大好物のうに丼なんだ。

こんなのうまいに決まってるじゃんシリーズの最高峰だよね。
利尻のバフンウニと、石巻のムラサキウニの食べ比べ丼。いくらを添えて。
ちなみに大抵の人はバフンウニ(いわゆる赤ウニ)の方が好きって言うんだよね。濃厚で、旨味が確かに強くて美味しいんだ。
でも、僕は実は上品でさっぱりとした白ウニの方が好きなんだよね。
僕は岩手県は宮古市で生まれ祖父が漁師だったからね。夏に宮古に帰ると祖父が朝の3時から漁に出てウニを取ってくるんだよ。三陸だからね。ムラサキウニなんだ。
朝方に祖母や母がウニの殻むきをしてて、その隣で僕は妹と2人でご飯片手にウニをひたすら食べる。
あの時の光景が僕がウニ好きになった原体験なんだ。小学生の頃の話だね。

そういった思い出補正もあってムラサキウニの味わいがとっても好きでさ、食べると宮古を思い出すんだ。まさに故郷の味なんだよね。ムラサキウニは。

あ、また話が逸れたね。そんなこんなでとっても美味しくウニをいただいたんだ。

カツオと玉ねぎ

握り鮨で今日イチで美味しかったのはカツオだったんだ。

シャキシャキの食感の玉ねぎが載っているんだけど、これが本当にいいアクセントになっていて美味しいの。
カツオに玉ねぎが乗っている鮨って初めて食べた気がするんだけど、よく考えたらカツオのカルパッチョとかは玉ねぎはいってるし、土佐風のカツオの叩きとかも玉ねぎ入ってるもんね。相性抜群な訳だ。
このカツオの握り。流石にカツオのシーズンしか無い(食べにいったのは9月だから丁度戻り鰹の季節だね)と思うけど、また食べたいなぁ。

お寿司はまだまだ続くのだ

すでに満足しているんだけど、何を食べてもしっかり美味しいお寿司はまだまだ続く。

石垣鯛が特に美味しかったなぁ。特有の旨味がジュワーーって口の中で広がって余韻で微かな苦味があって美しい味わいだったよ。
天竜川で取れた金目鯛は6日熟成。ねっとりとした熟成ならではの食感はやっぱり美味だったんだ。

シメは海老の強い味わいで

そしておもむろに出されたこちら。シャリだけの海苔巻きを手渡されて頭の中は???

あぁ、なるほど。こう言うことね。

めちゃうまいじゃん!!!
そして、こういうことね。

これが最高。タレの正体は濃厚な海老味噌をベースにした独自のタレ。
ご飯との相性抜群。握り寿司の今日イチはカツオだったけど、全体を通しての今日イチはこちらだったかも。
最後にこれを持ってくるなんてやばい隠し球だね。
あぁ、書いてて思い出しててまた食べたいなぁ。

鮨花おか

まだまだ予約も取れるけど、そのうち人気になって予約が取れないお店になっちゃうかも。

何と言ってもそれなりに飲んでも1人20000円もいかないし、ちょっと変わった魚とかも積極的に使うマニアックな大将もいるし、しっかり美味しいお寿司が食べれるよ。
あと、日本酒をはじめお酒にも色々とこだわりが感じられたよ。

もうこう言うお店はさ、大将に身を委ねるかのごとく、お酒も「お任せ」っていってお寿司にあうようなお酒を選んでもらうのが間違いないと思うんだ。
桜ヶ丘の再開発を免れた住宅街に、ひっそりと佇む大人の隠れ家っていう感じのお寿司屋さん。
興味がある人は予約が取りづらくなる前に一度行ってみるといいと思うんだ。

鮨 花おか 渋谷
03-3461-8881
東京都渋谷区桜丘町7-2 ラコリーヌ渋谷 1F

関連記事

  1. 鮨よしたけの「ばらちらし」をテイクアウトした話

  2. すし良月(あきら)で若き大将が握る鮨を食べた話

  3. 鮨しゅんじで食べたお寿司の話

  4. 初夏を告げる旬の食材「シンコ」の話 〜価格・相場・寿司屋での食べ方〜

  5. 最強のコスパを誇る横浜市は西谷にあるお寿司屋さんの話

  6. 銀座の寿司屋で昼飲みをしたら最高だった話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


About Author

  1. 本当にオススメのお寿司屋さんを厳選してご紹介

    2020.03.06

  2. 本当にオススメの2019ベストレストラン22店舗をご紹介

    2020.02.23

  3. マツコ&有吉かりそめ天国の焼肉ガチランキングでランキングの…

    2019.03.07