食堂とだかで食べた松茸のすき焼きの話

食堂とだかといえば、僕の中では居酒屋料理の最高峰という認識。
決して超一流とまではいえない食材だけど、しっかりとした食材と、いい感じに濃いめの味付け。そして、ちょっとこだわりのドリンクの飲み放題。
料理もみんなが大好きなオリジナル創作メニューが基本は和食ベースで提供されるんだけど、どの料理も見た目からしっかり伝わってくる美味しさと期待を裏切らない味わいが楽しめる。

食堂とだか 9月上旬の旬のメニュー

僕の中で居酒屋系料理の完成系と思われる食堂とだかは、しっかり旬の料理を提供してくれる。
食欲の秋とも言われる秋の旬の食材の代表格とも言える松茸をはじめとして、秋の旬がしっかり感じられる料理の数々を頂いたよ。

ウニ・オン・ザ・煮玉子

まずは定番メニューのウニ・オン・ザ・煮玉子だけど、初秋だからね。
当然、今が旬のいくらも加わって、卵の三重奏。
これはもう美味しくないわけがない一品。

続々登場する旬の料理

クリームうどん。とうもろこしとトマトのお吸い物。
どちらもしっかりとした味わい。

今日一美味しかったカモネギ

とっても柔らかい鴨肉と、揚げた香ばしいネギの組み合わせ。
鴨がネギ背負ってやってくるじゃないけど、やっぱりこの組み合わせは素晴らしい。

それにしても美味しかったなぁ。間違いなく本日のナンバーワンだったと思う。

シャインマスカットの白和え

あうの?この組み合わせ・・・と、思ったら思ったより全然合う。
いや、むしろ美味しい。不思議な味わいな一品。

喉黒のお寿司

そしてまぁこれは美味しくないわけないよね。という喉黒の焼き寿司。
脂ガッツリ乗っています。
ご飯と混ぜ混ぜしていただくととっても旨味が感じられて、とっても美味。山葵やちょっとしたネギがいい感じ。

白滝のペペロンチーノ風

これならいくら食べても太りそうにない!
白滝をペペロンチーノ風に仕上げた一皿。ちょっとほっとするようないい意味で家庭的な味わいを感じさせてくれる。

松茸と和牛のすき焼き風

本日のメインは松茸と黒毛和牛のすき焼き。
それにしてもこの組み合わせを最初に考えた人は素晴らしいよね。今じゃ結構いろんなところで見かけるけど、間違いない組み合わせ。
もちろんとっても美味しく頂いた。

冷たい赤出汁の素麺

最後は冷たい赤出汁の素麺。
この味はかなり上級者向け。冷たい赤出汁って思ったよりキリッとした味わい。さっぱりしているような、まったり濃厚のような。
そんな謎の組み合わせだ。

ブドウたっぷりの大福

そしてデザートで定番の大福は旬の味覚のブドウがガッツリ。
かなりボリューミーで、味もカロリーもかなりのハイパワー。それにしても、本当に写真映えするデザートだ。

食堂とだか

実は「はなれ」だったり、テイクアウトをしたりはしたことがあったんだけど、こちらに食べにくるのは初めて。
居酒屋料理の完成系という僕のとだかさんへの感想はさらに確固たるものになったのだった。
何が凄いってしっかりインスタ映えする料理の数々なんだけど、とだかさんの料理は写真で見ただけでいい意味で味が想像つくこと。
そしてその見た目の期待を裏切らないことだ。
1年待ちとも2年待ちとも言われる食堂とだか。有難いことに今回も誘っていただけたんだけど、予約を持ってる方は是非お誘いくださいませ。
その日空いてますよ!

食堂とだか
03-6420-3734
東京都品川区西五反田1-9-3 リバーライトビル B1F
https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131603/13187669/

関連記事

  1. 中洲で九州料理をまるっと楽しめる居酒屋の話

  2. 雪室熟成で熟成させた熟成肉の話

  3. 五反田のリベラで食べた熟成肉の話

  4. 恵比寿にある餃子と牛たん 居酒屋おおとらのハラミが格別に美味い話。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


たわら屋のローストビーフ