ラーメン屋

こってり系尾道ラーメン「つたふじ」はまったりコッテリな味わい。

Written by Kazuya Akanuma

尾道ラーメン食べ歩きツアー。つたふじさんに伺ってきました。

中華そば つたふじ本店

土日や祝日には長蛇の列が出来ることで有名なラーメン店です。

それものそのはず。カウンター11席のラーメン屋さんで大将がお一人でラーメンを作っています。そのため、どうしても他の店舗に比べると回転率が悪いためわずか数名の列でもちょっと待つ感じになってしまうみたいです。

昭和20年代にオープンしたつたふじさんは、80年以上の歴史があるため店内はかなり年季が入った感じです。
実際、胡椒の缶が凄いことになっているんです。

ちなみに、味は普通の白胡椒でした。

つたふじの中華そば(並)を食べてみた

柔らかい麺と脂がコッテリのスープが特徴のラーメンです。

メニュー名は「中華そば」ですが、チャーシューは薄めのチャーシューが2枚。白目の色のメンマとネギ。そしてスープには背脂が浮いている王道の尾道ラーメンらしいトッピングです。

スープ

他の店舗でもそうなのですが、尾道ラーメンを提供しているお店はスタッフの方に言わないとれんげは出てこないスタイルのお店が多いのです。
こちらのお店でもレンゲは出てこなかったため、スープは丼のままぐっといただきました。

かなり脂が強いスープでコッテリとした味わいのスープが特徴です。背脂は他店舗に比べれば小さめですが、その分スープ自体にもマッタリとした脂感を感じることができます。

醤油感はそれほど強くありませんが、魚介の風味もしっかり感じられます。
そして、スープ自体の味もかなり濃い目!濃厚で脂ガッツリが好きな方にはオススメですね。

あれ?伸びてる?それとも意図してる?

どちらかわかりませんが、かなり柔らかい印象の麺でした。
やや細めの卵黄系の麺です。

つたふじの中華そば

脂強め。濃厚なスープ。柔らかい綿が好きな方にはオススメの中華そばです。

流石にスープをそんなに飲むことはできませんでしたが、レンゲがないことからも分かる通り、あまりスープは飲まないタイプのラーメンなのかもしれません。

ごちそうさまでした。

尾道ラーメンの比較はこちら ⇒ 【実食比較】尾道ラーメン超厳選6選!オススメや特徴を詳しく解説

つたふじラーメン / 尾道駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

About the author

Kazuya Akanuma

株式会社BNF 代表取締役
株式会社ブレインネット 取締役
ITの会社と、Cafe&BARとお寿司屋さんを経営中。

Leave a Comment

/* ]]> */