和食

浦安で真っ黒な銀ダラの煮付け定食に舌鼓!

Written by Kazuya Akanuma

銀ダラは西京焼きが大好きです。もちろん煮付けも大好きです。FOODee編集長アカヌマです。

浦安に真っ黒な銀だらの煮付けを提供してくれるお店が有るということで伺ってきました。

お店の名前はお食事処 魚や 羅甸(らてん)。浦安駅から徒歩10分位の住宅街にある街の定食屋さんです。

魚や 羅甸(らてん)

浦安の小さな川沿いの住宅街を歩くとこちらのお店が出てきます。

ちなみに、「羅甸」の読み方ですが「らてん」と読みます。ラテン語とかのラテンの漢字表記ですね。

店内はテーブル席のみで、近所の方が昼からお酒を飲んだり食事をしたりするようなお店です。

ちょっとした飾り物があったりして何となく庶民的な雰囲気でいい感じ。

羅甸のメニュー

基本は焼き魚や煮魚を中心としたメニューになっています。

「申し訳ありませんがアイスコーヒーのみとさせて頂きます」という謎の張り紙があったのですが、食後にアイスコーヒーが出てきたので、セットでアイスコーヒーが付いている思われます。(恐らく昔はホットコーヒーが選べたのでしょう)

銀だらの煮付 お刺み付けて

名物の銀だらの煮付を注文しました。

噂通り、黒いです!

真っ黒!なんと写真映えしない料理なのでしょう(笑)

しかし本当にこんなに黒いとは・・・(笑)

黒いのは何年も継ぎ足している自家製の醤油の影響だとか。

早速頂きます。

柔らかい!こんなに柔らかくてふわふわの銀ダラを食べたのは初めてです。柔らかくて甘くて味に深みのある銀ダラです。

醤油で煮付けてあるのに、全然しょっぱくないです。むしろ甘い。

そして何度もいいますが、ふわふわ。とろとろ。

適度に濃い味で脂がしっかり乗っている銀ダラなので、これはご飯が進みますね。

ちなみにご飯は一回はおかわりが無料。3杯目から有料になります。お変わりする人の気持ちがわかるくらいご飯に合う銀だらです。
そして、お米がちゃんと美味しいお米でした。

お刺身はマグロとイカ。銀ダラの煮付けがかなり濃厚なので、味に変化を与えてくれます。

黒い銀だらの煮付けは癖になる美味しさ

色々なメニューがありますが、こちらの黒い銀だらの煮付けはかなり癖になる美味しさです。

また食べたい。会社や自宅の近所にあったらしばらく週一で通いたくなる味わいでした。

ちなみにこちらのお店。ランチは11時〜14時まで。ディナーは16時〜19時30分(19時ラストオーダー0)とかなり営業時間が限られているので行くときは要注意!ランチは予約も受け付けておりません。

美味しい銀ダラ。ご馳走様でした。

羅甸割烹・小料理 / 浦安駅

昼総合点★★★★ 4.0

About the author

Kazuya Akanuma

株式会社BNF 代表取締役
株式会社ブレインネット 取締役
ITの会社と、Cafe&BARとお寿司屋さんを経営中。

Leave a Comment

/* ]]> */