鉄板焼き

船橋でシャトーブリアンを食べたければここ!創作鉄板で絶妙な焼き加減のお肉を!

Written by Kazuya Akanuma

焼肉は大好きですが、最近はお店のスタッフが焼いてくれるお肉を楽しむのが好きなのです。FOODee編集長アカヌマです。

さて、船橋にも焼肉屋さんはいくつかありますが、お店の方が焼いてくれる鉄板料理屋さんは少ないのです。

ましてや、美味しいシャトーブリアンを出してくれるお店は数少ないのでご紹介します。

創作鉄板 粉者二焼(こなもの にしょう)

船橋に二店舗目を出した粉者ですが、いつもこのお店に言った時のオーダーは「スタッフの方におまかせ」です。

お腹の好き具合とかを伝えて適当に見繕っていただきます。

そんな粉者二焼でオススメの定番メニューをご紹介します。

うにく

定番のうにくです。

和牛のユッケとウニのコラボは鉄板の組み合わせ!

いやーーーライスが欲しい。ライスがほしいです。うにもしっかりと甘味があってお肉との相性はバッチリです。

ちびちび食べるのもいいですが、口の中をうにくで満たしたいので一気にガッと食べるのがおすすめです。

和牛焼きしゃぶ

お肉の下にはしゃぶしゃぶ用の甘いタレと大根おろし。そして卵黄がはいっているため、それをぐちゃぐちゃと混ぜてお肉と合わせていただきます。

めっちゃ柔らかいお肉と卵の甘みと甘いタレが絶妙にマッチしているので美味しいのです。

ライスがほしい・・・やっぱりこれはライスがほしい・・・と思ったら出てきました。ライス。

肉汁と卵とちょっと余ったタレに米をぶっこんで食べるのです。

うん間違いなく美味いTKGです。これは。

牡蠣のお好み焼き風

注射器でチューーーっと注入するのはトリュフオイルです。

一口で頂きます。

オイルのおかげか実にジューシーで、牡蠣の旨味とオコゲやマヨネーズのいろいろな複雑味がある旨味を全力で口の中で感じることが出来ます。

ちなみにメニューには書かれていないのですが、お店の方に言えば出してくれるはずです。

シャトーブリアン

さて、鉄板であることのメリットはシャトーブリアンよりもサーロインかもしれませんが、まぁどっちも美味しいです(笑)

席によってはオープンキッチンなので焼いているところがよく見えるのも粉者の楽しみ方です。

シャトーブリアンはステーキでは最高級と言われています。

ヒレ肉の中心部、脂肪は少ないけれどしっかりやわらかいステーキでは最高級品。
1頭から600g~800gしか取れない超希少部位。
分厚くカットして焼けば、ジューシーで上品な味が口に広がる。
穢れない高貴な味わいはとはこのこと。

門崎熟成肉 牛肉の部位: シャトーブリアン

1頭からわずか600グラムから800グラムしか取れないということで超希少な部位です。

もちろん柔らかいし旨味がしっかり感じられる牛肉でした。

シンシン(モモ)

シンシンは部位によっては固い場合があるのですが、しっかりと柔らかくて味わい深い赤身肉です。

A4,A5クラスしか出さないということなので、ちょっとサシも入っていて食べやすい部位です。

肉寿司

〆は肉寿司です。

部位はその日で違いますが、サーロインでもさっぱりとした感じで頂くことが出来ます。

肉ばっかり食べてだいぶお腹いっぱいです。

ご馳走さまでした。

創作鉄板 粉者二焼ステーキ / 京成船橋駅船橋駅大神宮下駅

夜総合点★★★★ 4.1

About the author

Kazuya Akanuma

株式会社BNF 代表取締役
株式会社ブレインネット 取締役
ITの会社と、Cafe&BARとお寿司屋さんを経営中。

Leave a Comment

/* ]]> */