会席料理

金澤の老舗料亭「山乃尾」で旬と趣としつらえを感じる

Written by Kazuya Akanuma

ミシュランガイド  富山・石川で三ツ星を獲得した金澤の老舗料亭の「山乃尾」はその名の通り金澤の東茶屋街を見下ろす小山の上にあります。

ちょっとしたご縁でお伺いすることが出来ました。

今回は離れに席を用意していただいたので、実に素晴らしい情緒豊かな庭を抜けた離れに移動します。

部屋は高級旅館のような和室です。

掛け軸とか絶対高そうなやつなので、うっかり汚したらどうしようとかいう余計なことまで考えてしまいそうな部屋です。

先ずはおすましを頂きます。

椎茸のみで作られたというおすましですが、こレだけの量の椎茸のみで作られたという椎茸が運ばれてきました。

澄んだ液体は実に椎茸の風味がふんだんに感じられました。まさにおすまし。

すまし汁感が半端ないです。

彩り豊かな前菜の盛り合わせは旬が織り交ぜられたものでした。

郷土料理風の蟹料理は薄味の京風味噌でしょうか。

かなり上品な仕上がりです。店主自ら作っていただきました。

どの料理もお皿や盛り付けに工夫がされています。

炊き込みご飯も上品な味付け。そこにしらすが載っています。味噌汁は赤味噌です。

しっかりとデザートも出ます。

大人になると果物ってあんまり食べなくなりますからね。貴重です。

お茶もそこはかとなくこだわりを感じられるお茶でした。

正直言うと、お茶は無知識なので詳しいことはわかりませんが(笑)

料理全体を通してしっかりとストーリーを感じることが出来る構成は「流石」の一言でした。

旬の走り、旬、旬の名残をバランスよく提供してくれるので、四季をしっかりと感じることが出来ます。

また、器、店内(というか部屋)の雰囲気が素晴らしく、要所要所に「しつらえ」のすばらしさを感じることが出来ます。

すべてのちょっとしたことに意味がある日本文化を感じさせてくれる山乃尾は予約必須の老舗料亭です。小京都と言われる金澤で日本文化を堪能したい方にはピッタリのお店ではないでしょうか。

外国の方にも喜ばれそうですね。

ごちそうさまでした。

店名 山乃尾 (やまのお)
ジャンル 懐石・会席料理、旅館、郷土料理(その他)
住所

石川県金沢市東山1-31-25

山乃尾 - 地図

山乃尾懐石・会席料理 / 北鉄金沢駅七ツ屋駅金沢駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

About the author

Kazuya Akanuma

株式会社BNF 代表取締役
株式会社ブレインネット 取締役
ITの会社と、Cafe&BARとお寿司屋さんを経営中。

Leave a Comment

/* ]]> */