料理・食材

初心者でも簡単!自宅で燻製オススメ食材をご紹介

Written by Kazuya Akanuma

自宅で・・・と書きました、正しくはオフィスで・・・ですね(笑)

8月14日。世の中はお盆休みだったのですが、自称ブラック企業の僕らは、世の中がお盆で浮かれている中、出勤してめいいっぱい仕事をした後は社内で燻製と焼き物を楽しんでいました。

さて、燻製ですが、なんとなくハードルが高そうな印象がありますが、意外と簡単でハマってしまいそうです。

今回使ったスモークチップはヒッコリーというオールマイティタイプの変な癖があまりないタイプのチップです。

鍋に銀紙を敷いてその上にヒッコリーまんべんなく。

蓋をして・・・火をつけます。

その上にいろいろな食材を置いていきます。

先ずは定番のチーズです。

そして、イベリコ豚のハムステーキ風のものも燻製してみました。

燻製した後はちょっと炙ってから頂きます。ちなみに色が濃いのが燻製済みのハムです。

他にもししゃもとか。

ベーコンとかを燻製してみました。

燻製した食材

色々と試しましたが、やっぱり燻製をすると燻香がついてとても風味のある深い香りと、なんとも言えないジューシーな味わいに変化します。

全体的には味が強くなるのですが、ししゃもなんかは、逆に後半のししゃもの味わいがより強く深く感じれるようになりました。燻製したことによって素材の味が引き出された好例だったと思います。

チーズなんかはもう定番ですが、間違いない感じに変化していました。香りと味わいはもちろん、まだかすかに残る暖かさとちょっと溶けかけた感じが美味しさをさらに上乗せさせてくれます。

写真を撮り忘れましたが、鯖の燻製ちょい炙りはとてもジューシーで鯖の旨味と燻製された濃厚な味わいが見事にマッチングしていました。

スモークチップとの相性次第では、強い香りと味わいが食材につくと同時に、食材をしっかりと引き出してくれる組み合わせもありそうで、世の中に沢山あるスモークチップとの組み合わせを考えると実に奥深い楽しみ方ができそうです。

今回行ったヒッコリーは一般的にはお肉やハムにも合うとのことでしたが、実はこのイベリコのハムとは相性がいまいちでした。燻製しないでカリカリになるまで焼いたほうが美味しいくらいです。
味の複雑味と深さ自体は増すのですが、バランスがいまいち。最後に何故か酸っぱさを感じました。

燻製は本当に奥深くて面白いですね。

 

燻製のオススメ食材は限りなくあります。

基本的には好きな食材を試してみることをおすすめします。定番のチーズ。サーモン。鴨、うずらの卵、野菜全般はもちろん、調味料も燻製することが可能です。

僕が挑戦してみたい燻製は、牡蠣、ホタテ、リブロース、脂がのったシマアジ、調味料全般らへんでしょうか。

事実、燻製したオリジナルマヨネーズは実に美味しくて、濃厚な味わいに変化していました。これは嵌りそうです。

 

食材って新鮮なのももちろん魅力的ですが、熟成させたり、燻製させたり、一手間かけることで本当に味わい深く美味しくなりますよね。

燻製。意外と気軽にできるので是非挑戦してみてください。

About the author

Kazuya Akanuma

株式会社BNF 代表取締役
株式会社ブレインネット 取締役
ITの会社と、Cafe&BARとお寿司屋さんを経営中。

Leave a Comment

/* ]]> */