焼肉

焼肉フランス人の和ハラミはハラミ好きなら一度は食べてほしい。

Written by Kazuya Akanuma

錦糸町駅の南口。いわゆる栄えてる方のキャバクラとか、怪しいお店が立ち並ぶ一角に焼肉フランス人はあります。

ここのところ何度か通っていますが、僕はたまたま入店できましたが、週末とかオンタイムは予約で入れないこともあるみたいです。

さて、このお店のイチオシはなんといってもハラミなので、ご紹介します。

店名 焼肉フランス人 (フランスジン)
ジャンル 焼肉、韓国鍋、居酒屋
予約・
お問い合わせ

03-3846-6622

住所

東京都墨田区江東橋2-11-13 CKビル1F

フランス人 - 地図

ちなみに、ここは錦糸町店みたいで、六本木や池袋にもあるみたいなのですが、そちらのお店には伺ったことがないので、メニューが同様かどうかは不明です。

さて、早速オーダーしますが、オススメは「和ハラミ 塩」です。上ハラミという更に高いハラミもメニューに有りますが、一番安い「和ハラミ」がオススメです。

ちなみに、タレもありますが、塩がオススメ。でも、最初は食べ比べで数人で行ったのであれば、塩とタレを1枚ずつ頼むのもありかと思います。

一見すると、普通の美味しそうなただのハラミなのですが、食べると違いがわかります。

柔らかさ。旨味がしっかりあります。赤身ですが、適度にサシも入っていますね。
部位的には内蔵にあたるハラミは特有の癖や臭みがあることもありますが、それがまったくなく、濃厚な味わいを楽しめます。

ハラミ好きな方はぜひ一度、遠くからでも足を運んでみる価値があるハラミです。

ちなみに、焼肉フランス人。面白い店名ですが、店員にも他のお客様にもフランス人と思われる方は見たことはありません。

ハラミばかり食べていると、流石にいくら美味しくても浮気したくなるのが悲しい人間の性ですね。えぇ。そんなアナタにハラミ以外のオススメはロース。ロースです。これも色々とありますが一番安いロースをセレクト。こちらも塩とタレが選べますが、ロースは塩よりもタレがおすすめです。

ロースはちょっと変わった食べ方をおすすめされます。(食べ方が書かれた紙を渡してもらえます。)

焼いた後、ガーリックチップをひとつまみかけたあと、バターを塗るように乗せて、落ちないように食べるのです。

バター好き。ガーリック好きにはたまりませんね。

ロースの肉自体は柔らかさこそ余りありませんが、肉の旨味はバターとガーリックにも負けていません。しっかり勝負してくれています。

とはいえ、やっぱり一押しは和ハラミです。行くと何度かお代りしてしまうのです。

ごちそうさまでした。

About the author

Kazuya Akanuma

株式会社BNF 代表取締役
株式会社ブレインネット 取締役
ITの会社と、Cafe&BARとお寿司屋さんを経営中。

Leave a Comment

/* ]]> */