カップ焼きそば

「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」を食べました。

Written by Kazuya Akanuma

日清から2017年 7月24日に発売されたみたいなので、早速食べてみました。

パッケージから知てネタに走っている感が満載の日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ(長いから、以下「U.F.O 油そばキムマヨ」に省略)ですが、焼そばなのに、油そばと名乗っていたりとよく考えたら名前から知てもうツッコミどころ満載です。

さて、お湯を入れて5分。

個人的にはいつもちょっと短めのアルデンテにするのですが、ブログに書くのでまずは正攻法で行ってみます。

キムチマヨを入れてよく混ぜ混ぜした後に海苔をかけた状態ですね。

極太の油そばって言うからどんだけ太いんだと期待していたのですが、そんなに太くないです・・・個人的には細麺が好きですが、極太を謳うならもっと太くてもと思ったのですが、よく考えたら焼そばなんですよね。

この太さの焼きそばはなかなか太いのでまぁ、極太でもいいのでしょう。

頂きます。

麺の感じはとってもいい感じなのですが、なんというか・・・味が薄め。いや、濃いんです。濃いんだけど、辛さが勝ってるんですね。

でも、キムチの辛さじゃない辛さがどこからかやってきて勝っているんです。

そして、コクとか深みとかが殆ど感じられないのですが、何度も食べていると、その深みが感じられない辛さだけが主張してきます。

太麺にした理由がわかるくらい、辛さと麺の太さ自体のマッチングはいいのですが、いかんせん、旨味というかコクが感じられないのです。

おそらく、味の素をふりかけたらめっちゃ美味しくなるでしょう。試していませんが。

ただ、もうこれは・・・と思って追いマヨしてみました。

一気に辛さがマイルドに変わって違う食べ物を食べているかのような感覚を味わえます。

ただ、やっぱり辛さを求めているという方にはおすすめしませんね。キムチがあれば、キムチを入れても美味しくなるかもしれません。

それにしても、これ系はどうしてもカロリー高くなりますね(笑)

ごちそうさまでした。

About the author

Kazuya Akanuma

株式会社BNF 代表取締役
株式会社ブレインネット 取締役
ITの会社と、Cafe&BARとお寿司屋さんを経営中。

Leave a Comment

/* ]]> */