過去の記事(2016年まで)

モンラッシェの晩餐@Take your time

Written by Kazuya Akanuma

僕はそのワインを飲んだときにこんな表現をついしちゃったんだ。

「美味い。モンラッシェみたい。」

銘柄は覚えていないけど、純粋にそう思ったんだ。ミネラルと酸のバランスが良くて、キリッと引き締まった感じがちょうど数日前に飲んだピュリニー・モンラッシェに似ている印象を受けたから。

そしたら、ワイン好きの大先輩にすかさず鬼のように突っ込まれた。

「赤沼さん、本当のモンラッシェ飲んだことあるの?ピュリニーくらいでモンラッシュ語ったら駄目だよ。」

ドキっとしたね。

世界最高峰の白ワインといえば誰もがいくつか上げる銘柄として必ず頭に思い浮かぶモンラッシェ。
僕は恥ずかしながら、世界で最も偉大なこの白ワインはピュリニー・モンラッシェとル・モンラッシェを飲んだことがあるくらい。

「もっと勉強しなさい」

と言われたその翌週、行きつけのBARで飲んでいたら、マスターからお誘いがあったんだ。

「ワイン会やるけど来ませんか?モンラッシェ飲み比べの会なんですが。」

もうね。即答だよね。即答。キャットフードを変えたところ食いつきが違う猫くらいの勢いで僕も食いついたのは言うまでもないよね。モンラッシェ。しかも飲み比べ。

そして、つい先日がその当日。

先ずはよく冷えたドン・ペリニヨンで乾杯した僕たちは、チョウザメのタマゴが乗った卵に舌鼓を打った。

r0020434

コレからはじまる幸せを予感させてくれるような素敵な前菜である。

基、既に幸せだね。これだけで。

さて、早速だけど、飲んだのはこちらの4本の飲み比べ。

r0020442

r0020458-1

コント・ラフォン モンラッシェ (Comte Lafon Montrachet)1993

蜂蜜のような香りがブワーッと広がるとっても美味しいワイン。上質なシェリー酒を飲んでるような気にさせられる幸せなひととき。冷静に考えれば飲み頃は少し過ぎてるのかな?わからないけど、とにかく熟成感が素晴らしく美味。

ル・モンラッシェ (Le Montrachet)2001

普通のワイン会なら白の主役を張れるワインなんだろうけど、他のが美味しすぎてあまり印象に残っていないという・・・(笑)
いや、めっちゃ美味いんだけどね。

ドメーヌ ジャンシャルトロン シュヴァリエ モンラッシェ( Domaine Jean Chartron Chevalier-Montrache)1996

バターと微かなシナモンの香り。熟成感があって余韻がしっかりと続く白ワイン。これも美味。
この日一番美味しかった!

バタール モンラッシェ (Batard Montrachet)2004

12年の熟成を感じさせないスッキリとした飲みくちでとても飲みやすい。美味。
普通にうまい!

r0020472

何故か合間に出てきた BELUGA というウォッカがめちゃくちゃ美味くてクイッといっちゃったり。

r0020481

BAR なのにエビのグラタンのクオリティが超高かかったり。

r0020449

とても楽しくて美味しい会。

来年のワイン会は更に期待。Take your time の鈴木さん。

素敵な会をありがとうございました!

r0020455

 

About the author

Kazuya Akanuma

株式会社BNF 代表取締役
株式会社ブレインネット 取締役
ITの会社と、Cafe&BARとお寿司屋さんを経営中。

/* ]]> */