過去の記事(2016年まで)

成功の感覚

Written by Kazuya Akanuma

友人と話していて感じたことのメモ。覚書。

新しいことをはじめるときの、「成功した感覚」は人によって大きく異なると常々感じる。

そのため、関係者各位がわかりやすく「この状態になったら成功」したといえるという共通の認識を明確にしておいたほうが物事はうまくすすむ事が多い。

もちろん、成功した状態を共有することで、その状態に達成していない場合は「うまくいかなかった」事も共通の認識として理解されてしまうが、それはそれで背水の陣を敷いたつもりで事に望めばよい。

ちなみに、自分達が失敗したと思っていても、クライアントや上司が成功したと考える場合もあるし、またその逆も当然ある。

共通の認識を決めるには、具体的に日時と数字を定める。
つまり、極々アタリマエのことを高らかに宣言しようという話である。

次のステップに進んで更に投資をするのか、撤退するのかは、また別の数字と日時を設定して進退を決めれば良いのだ。。

「成功」の感覚は人それぞれだ。そしてそれは相対的にしか測れない。成功の定義があやふやなのであれば、しっかり成功した状態を定義することが成功への第一歩だ。

About the author

Kazuya Akanuma

株式会社BNF 代表取締役
株式会社ブレインネット 取締役
ITの会社と、Cafe&BARとお寿司屋さんを経営中。