過去の記事(2016年まで)

納豆巻の値段

Written by Kazuya Akanuma

納豆巻。1000円。

そう書いてあった。特上寿司を頼んでも3000円前後のお店である。

実に興味があった。1000円の納豆巻き。

オーダーしたときに、おばちゃんに言われた。

「1本でいいの?」

僕はその意図がよくわからないで、適当に「はい」と返事をした。

出てきた納豆気巻はこれ。

img_0018-1

普通のひきわり納豆よりも、気持ちさらに小さめって事以外は何の変哲もない巻物だ。
これで1000円だったらあまりにも高すぎる気もする。注意深く食べたみたけど、味も普通である。

もしかしたら、3本とか、4本とかで1000円なのかもしれない。だから、1本(つまり、写真のモノ)は200円とかで提供されたのかもしれない。

会計のときに明細を見てみようと思ったけど、会計には合計金額しか書いていなかった。

この現象はもしかしたら個人飲食店全般に起きている、お店へのちょっとした不信感のはじめの一歩なのかもしれない。

例えば、僕らが経営しているすし優雅(移転準備中)は途中からメニューに金額をある程度書くようにしたけど、賛否が激しかった。

値段が書いてあったら頼みたくなくなる。という人もいれば、値段が書いてないから頼むのが怖い。という。

要はターゲットの問題なのだろうけど、これがちょっとずれると怖いことになる。

納豆巻。結局1本いくらだったのだろうか。

About the author

Kazuya Akanuma

株式会社BNF 代表取締役
株式会社ブレインネット 取締役
ITの会社と、Cafe&BARとお寿司屋さんを経営中。