過去の記事(2016年まで)

SEOとは?

Written by Kazuya Akanuma

「SEOってよく聞くけど、結局何しているかよくわからない。」

というお話を頂いたので、久しぶりにそもそもSEOって・・・系の話をさせていただきます。

SEO(Search Engine Optimization)

日本語に訳すと検索エンジン最適化。

あるホームページを検索エンジンに対して最適化することをSEOというんだけど、わかりやすくいうと、ポイントはこの2つ。

  • 検索エンジン経由で沢山のユーザーが訪れるように工夫すること。
  • 検索エンジン経由で訪れたユーザーが、ホームページをみて満足してくれること。

文章にすると実にシンプルだけど、これがなかなか奥深い。事業としてSEOを展開している会社は上のほうにある検索エンジン経由で沢山のユーザーが訪れる工夫を事業化していることが多いかな。

検索エンジン

検索エンジンとはもう使っている人ばかりだと思うけど、Yahoo とか、Google とかのこと。キーワードを入れて検索する。

たいていの人はYahoo と Google を使ってるんだけど、実はYahoo はgoogle のエンジンを利用しているのでYahoo で検索しても google とほぼ同じ検索結果が表示される。

他にマイクロソフトが bing って検索エンジンを作っていたりとか、韓国のNAVER(ライブドアはこれ)とかもあるけど、使ってる人は非常に少ない。

なので、日本でSEOっていうとGoogle対策(Googleで対策すればYahooでも自然に対策されるからね)をする場合がほとんど。

ちなみにこれも歴史が色々会って、NTT系列のgooが昔は独自で検索エンジン作ってたり、Yahooはそれを使ってたり、独自のエンジン(正確には米Yahoo)を作ったりしてたんだけど、結局はGoogleのエンジンを使っているというのが今の現状。

で、SEOって何するの?

SEOというと、たいていの業者はある特定のキーワードで特定のホームページの順位を上げるって事がビジネスになってる場合が多い。

基、多かった。あとで話すけど今はちょっとずつ変わってきてる。

普通の人が検索をしたとき、何万件もの検索結果が表示されるけど果たしてどれくらい見るだろう。

大抵は1ページ目しか見ない。某社の調査によると80%くらいの人達は1ページ目しかみないとか。1位しかみない。という人も5%いたくらい。

なので、ユーザーが検索をした時に検索順位が上の方に表示されてるのって極めて重要なんだよね。

SEOってお客様のビジネスとか、事業領域とか、顧客とか、商品とか色々な事を判断材料にして上位に表示したいキーワードを決める。お客様からキーワードを指定してくる場合もあるし、僕らみたいなSEOの会社からキーワードも提案するときもある。

で、キーワードが決まったらそのキーワードで上位に表示されるように対策を行うんだ。

どんな対策をするの?

大きくわけると、3つある。

  • ホームページの評価を高めるため、多くの色々なホームページからリンクを貰う外部対策。
  • ホームページに書かれている記事や、ホームページの構成を順位を上げたいキーワードに対して対策する内部対策。
  • 順位を上げたいキーワードと関連性の高いコンテンツを書いたりするコンテンツ対策。
特にSEO会社は外部対策を行うことが非常に多かったし今も多い。
外部対策を簡単に説明すると、順位を上げたいホームページに違うホームページからリンクを貼るということだ。

3つの対策はどれも非常に重要なんだけど、昔は外部対策を行えば順位が上がることは多かったし、内部対策の重要度は昔よりさらに下がった印象がある・・・というより、SEOの事とかをちょっとしか知らない人達でも色々な書籍とかWEB上の情報を見て模倣がしやすいのもあって、どのホームページでもある水準の内部対策はやってるのが当たり前になっちゃった。

で、最近はコンテンツを活用した対策というのが重要になってる。

インターネットユーザーが求める情報を記事として提供することで、結果的に自然に色々なホームページからリンクが集まって、FaceBookやTwitter といったソーシャルメディアでもシェアされて多くのユーザが集まるという対策方法。最近はこのコンテンツSEOが特に注目されている。

より高品質なコンテンツを作って多くのユーザーに自然にリンク(ナチュラルリンク)を貼ってもらおうという考え方だ。根底にあるのは外部対策の考え方と一緒だね。結果的にリンクをもらう。

ペナルティ

SEOの歴史を紐解くと、GoogleとSEO会社との壮絶なバトルの歴史がある。

例えばSEO会社は外部からリンクを貼れば有効ということがわかれば、自作自演でユーザーにとっては役に立たないホームページを作りまくって、そこからお客様のサイトにリンクを貼るということを繰り返し行なってきた。

Googleとしては検索結果に一定の品質を担保したものをユーザーに提供したいので、当然そういった行為をしている業者を駆逐しようとする。

業者はまた新しい方法を見つける・・・の繰り返し。

SEO業界ってそういうことをしてきた歴史があるので、どうしてもブラックな印象とか、なんか怪しい印象があるんだろうね。

もちろん、全てのSEO会社がそんなことをしてきかたというと答えはNOで、そういった事をしてこなかったSEO会社だって多く存在する。

今後のSEO

本来 Googleは検索結果の順位を操作されることを望んでいないはずだ。

Google は常にユーザーが見て最も満足をする検索結果を提供したい。彼らのミッションはインターネット上の情報を整理することにある。つまり、ネット上で最もユーザー目線な企業の一つであるとも言える。

で、あればだ。

SEOを行う際に考えるべきことは実はひとつ。

ユーザー目線で行うこと。

これだけ。ユーザーが探している情報をコンテンツとして提供すること。

この検索キーワードでホームページを訪れたユーザーは、果たしてこのページを見て満足するのか?ということを常に考えてホームページを作ったりすればOKなのだ。

とはいえ、Googleも完璧ではない。

偉大なるGoogleであるが、完璧ではもちろんない。

Googleのエライ人(マット・カッツ)が「SEO業者の不自然なリンクは必ずペナルティにするぞ〜」(意訳)という発言をしているんだけど、リンクを買ったり不自然なリンクを貼りまくっているホームページも実はまだ上位に表示されているという事実もあるんだよね。

Googleはこのあたりをちゃんとドキュメントにまとめていて、Google ウェブマスター向けガイドラインというところにGoogle的にやっちゃいけないことが書いてあったりする。

でも、実際にはやっちゃいけないことをやって上位に表示されているホームページが沢山ある。

ちなみにSEO業界では、Google的にやっちゃいけない事をやっちゃう派な人と、やっちゃいけないことは絶対やらない派の人達に別れる。

やっちゃう派=ブラックハット

やらない派=ホワイトハット

っていうふうに呼ばれたりもしてる。

まとめ

SEOって魔法のように思われてた時期があった。事実、何年か前はホームページにそのキーワードに関する情報が何一つ書いていなくても順位を上げることが出来たしね。(今も出来る!とかいう同業のツッコミはナシで。)

でも、実際は魔法でもなんでもない。Googleの決めたルール(アルゴリズム)があって、そのルールは日々進化している。

進化の方針はユーザー目線。なのでSEOはユーザー目線で行うべきだっていう話。

そして、ホームページの価値をGoogle、ユーザーに対して100%に最大化するのがSEOかな。

色々と脱線したけど、SEOのことについて専門用語を極力使わないように注意して書いてみた。

SEOってなーんか怪しい印象があったり、何しているかわからないよ〜という人達も少しは理解してもらえると有難いな。と思って僕なりの見解を書いてみました。

About the author

Kazuya Akanuma

株式会社BNF 代表取締役
株式会社ブレインネット 取締役
ITの会社と、Cafe&BARとお寿司屋さんを経営中。

8 Comments

Leave a Comment

/* ]]> */