ラーメン

赤坂味一

Written by Kazuya Akanuma

ブロガーが12月30日にアップするエントリーといえば大抵は一年を振り返った記事のはずだ。

今年も出会いが・・・とか、書いちゃったりするものだし、実際僕も去年か一昨年はそんなんだったと思う。

なのであえてお気に入りのラーメン屋を紹介することで今年最後の記事を〆てみようかとおもう。

さて、この店のラーメン。わずか500円だ。

写真はチャーシューメンマ。味濃いめ。決して大盛りではないのだが、麺の量が半端ない。

初めてこの店に行った時、500円という安さに惹かれて大盛りを軽い気持ちで頼み後悔したことは今でも忘れない。

結局同行した部下に麺の3分の1程を輸送したのだった。

さて、肝心のこのラーメン。

スープからは煮干しの香りが強烈に刺激してくる。癖になるとこの煮干しの独特の香りがとても香ばしく感じるだろう。

ここのラーメンを初めて食べる方は一口目に「薄い」と感じるはずだ。さっぱりしている感も否めない。

だがしかし、麺を食べきる頃には濃厚な煮干しの味が後から後から追いかけてくる感覚を味わえるシンプルだけど奥深いスープだ。

麺はコシがある中太麺。麺が多すぎて少し固まってたりスープと絡まっていない箇所があるので、そのあたりは箸で混ぜ混ぜすることをおすすめする。

ちなみに胡椒を少し多めにかけることでも全く違った表情を見せてくれるラーメンなので、ぜひ胡椒を使うべし。

かなり量が多いな〜と思いつつも麺がなくなって最後に方に行くにつれ「もうちょっと食べたい」と思わせてくれるラーメンだ。

巷の評価が高くて1度行ったけどイマイチだったという方は3回くらい通ってみて欲しい。

このお店にハマるから。

About the author

Kazuya Akanuma

株式会社BNF 代表取締役
株式会社ブレインネット 取締役
ITの会社と、Cafe&BARとお寿司屋さんを経営中。

Leave a Comment